不調マドリー、第一次ペレス政権終焉のシーズンを彷彿

超ワールドサッカー / 2018年10月9日 16時30分

写真:Getty Images

▽レアル・マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長辞任の時が迫っているかもしれない。スペイン『アス』が報じた。

▽マドリーからは今夏、在籍2年半で3度のチャンピオンズリーグ(CL)をもたらしたジネディーヌ・ジダン氏が退任し、エースに君臨したポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドもユベントスに移籍。ジダン氏の後任にフレン・ロペテギ監督を招へいする際にはスペイン代表との諍いを起こし、C・ロナウドに代わるスターには手を伸ばさなかった。

▽不安視されながら今シーズン開幕を迎えたマドリーは、ここまでの公式戦11試合で5勝2分け4敗。特に直近4試合では1分け3敗かつ無得点と、危ぶまれていた水準をさらに下回る成績となっている。

▽『アス』によると、マドリーがシーズン初めの公式戦11試合中4試合で敗北を喫したのは、2005-06シーズン以来。そして、そのシーズンの2月にペレス会長が辞任を表明し、銀河系軍団を作り上げた2000年からの第一次政権に幕を降ろした。

▽当時のペレス会長は、辞職に際して以下のように説明している。

「私は選手たちを責めない。私が唯一の責任者だ。幾人かの選手は混乱していて、私が混乱を招いた。私は彼らに無礼だったんだ」

「彼らを納得させる最高の方法は、他の人が私にできなかったことをやることだ。最近、私はパフォーマンスの多くを楽しめていない。自分自身を責めるべきなんだ」

▽しかしながら、ペレス会長が身を引いたこともその時のマドリーには影響を与えず。後任の会長に関しても、そのシーズン中に2名が交代させられるほどの短期政権が続きチームも無冠でフィニッシュ。2009年にペレス会長が再選し、再び黄金期を作り上げた。

▽ペレス会長は現在の職を続けるべきか否か。『アス』は、ロペテギ監督だけでなく、クラブのトップまでもが身を引くのではないかと暗示している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング