ベイリーがジャマイカ代表デビューへ! イングランド、ドイツ、ベルギー入りの報道も最終的に母国を選択

超ワールドサッカー / 2018年10月10日 14時41分

写真:Getty Images

▽レバークーゼンに所属するFWレオン・ベイリー(20)がジャマイカ代表デビューを飾ることになるようだ。海外版『goal.com』が伝えている。

▽ジャマイカ出身のベイリーは過去にU-23ジャマイカ代表としてプレー経験がある。しかし、代理人で義理の父親であるクレイグ・バトラー氏とジャマイカサッカー協会の確執の影響もあり、以前からフル代表招集を固辞し続けていた。

▽その一方で、祖先にイギリス人を持つベイリーはキャリア当初に在籍していたヘンク時代に数年間住んでいたベルギー、レバークーゼン加入以降生活しているドイツの3カ国の代表入りの可能性が伝えられていた。

▽しかし、国際サッカー連盟(FIFA)の現行のレギュレーションでは国籍変更を行う場合、18歳以降の時点から継続5年間の居住が必要となっており、ベルギー国籍取得の可能性が消滅。また、国籍取得が義務付けられるドイツ代表に関しては8年以上の居住が必要となり、移籍市場における人気株の同選手が同国に留まり続けられるかは現実的ではない。

▽その中でルーツのあるイングランドが最も可能性があると伝えられていたが、ベイリーの実の両親や祖父母がイギリス生まれではないことで、先日にこの可能性も除外。そのため、現時点で同選手がプレー可能な代表はジャマイカのみとなっていた。

▽そして、今回の代表ウィークではジャマイカ代表からの招集を受け入れたベイリーは、14日に予定されるCONCACAFネーションズリーグ予選のボネール代表戦でフル代表デビューを飾る見込みだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング