バルサ、左SBのバックアップ獲得へ…リバプールのA・モレーノに注目か

超ワールドサッカー / 2018年10月11日 14時25分

写真:Getty Images

▽バルセロナが、左サイドバックのバックアップとして、リバプールに所属するスペイン代表DFアルベルト・モレーノ(26)に注目しているようだ。スペイン『ムンド・デポルティボ』が伝えている。

▽A・モレーノは、2014年8月にセビージャからリバプール入り。以降、2シーズンは主力としてプレーしたものの、2016-17シーズンでは元イングランド代表MFジェームズ・ミルナーの左サイドバック起用によって出場機会が減少。昨シーズンはケガで出遅れたミルナーに代わりレギュラーに返り咲き、スペイン代表にも3年ぶりに招集されたが、昨年12月の負傷により再びベンチを温めることとなった。今シーズンもここまでEFLカップ1試合の出場にとどまっている。

▽そんな中、今回伝えられるところによると、バルセロナがスペイン代表DFジョルディ・アルバのバックアップとして獲得に興味を抱いている模様。リーガ・エスパニョーラでのプレー経験があることを評価しており、現在リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督の計画に入っていないことや、今シーズン終了時にA・モレノの契約が満了することから比較的安価で獲得できると考えているようだ。

▽また、同メディアは、バルセロナがバレンシアに所属するスペイン人DFホセ・ルイス・ガヤ(23)、パリ・サンジェルマンに所属する同国出身DFファン・ベルナト(25)にも興味を抱いていると伝えている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング