スパーズが仏代表MFエンドンベレに興味もリヨンは80億円以上を要求か

超ワールドサッカー / 2018年10月11日 15時31分

写真:Getty Images

▽トッテナムが、リヨンのフランス代表MFタンギ・エンドンベレ(21)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『talkSPORT』が伝えた。

▽2016年にアミアンでプロデビューを飾ったエンドンベレは中盤の要としてクラブ史上初となるリーグ・アン昇格に貢献。その翌年にリヨンへ完全移籍を果たすと、加入初年度となった昨季は公式戦50試合に出場し1ゴール8アシストの数字を残した。今シーズンもここまでリーグ・アン9試合で4アシストを記録し、先日にはフランスのフル代表にも初招集された。

▽トッテナムは今夏も獲得に興味を示していたが、エンドンベレはクラブと2023年まで契約を延長。それでも、トッテナムのマウリシオ・ポチェッティーノ監督はメインターゲットとして、今冬の移籍市場で獲得に動くようだ。

▽エンドンベレに対しては、マンチェスター・シティやアーセナルからの関心も伝えられている。リヨンは今冬に手放す場合、移籍金として5500万ポンド(約81億円)以上を要求するようだ。


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング