南野&伊東連発! ロシアW杯主力組登場の森保ジャパン、パナマを3発撃破《キリンチャレンジカップ》

超ワールドサッカー / 2018年10月12日 21時30分

写真:Getty Images

▽日本代表は11日、デンカビッグスワンスタジアムでキリンチャレンジカップ2018のパナマ代表戦に臨み、3-0で勝利した。

▽先月、森保一体制初陣のコスタリカ代表戦を3-0で勝利した日本代表。今回はロシア・ワールドカップ(W杯)組も招集し、チーム発足時に掲げた「世代間の融合」に向けての一歩を踏み出す一戦となる。

▽今夏のロシア大会でW杯初出場を果たしたパナマとの一戦に向けて森保監督は、[4-2-3-1]を採用。GK権田、最終ラインが右から室屋、冨安、槙野、佐々木、ダブルボランチに青山と三竿、2列目に右から伊東、南野、原口を並べ、1トップに大迫が入った。なお、冨安はこれがA代表デビュー、三竿は代表初先発となった。

▽日本は開始直後、高い位置からの複数人でのプレスでボールを奪い、チャンスを迎える。3分、原口からパスを呼び込み、左サイドをオーバーラップした佐々木がアーリークロス。中央に走り込んだ伊東が右足を伸ばすも、わずかに届かず。

▽立ち上がりこそ主導権を引き寄せようとする日本だが、自らのパスミスでリズムを掴みきれない。19分には南野の右CKからファーサイドの冨安が持ち前の高さでヘディングシュートを放つ。しかし、これは枠を捉えきれない。

▽前半半ばに差し掛かると、日本は徐々にボールを保持。23分、中盤でボールを受けた青山が相手最終ラインの背後へ浮き玉を供給し、室屋がフリーでボックス右へと抜け出す。中央には南野と大迫が走り込んでいたが、両者どちらにもクロスが合わず、チャンスをモノにできない。

▽すると29分、パナマにゴールを脅かされる。右サイドを駆け上がったパラシオスのクロスのこぼれ球を拾ったゴドイにミドルシュートを許す。しかし、ここは3年半ぶりに先発を飾ったGK権田がしっかりと対処する。

▽その後、日本はパナマに自陣への侵攻を許す苦しい時間帯が続いた。しかし、迎えた42分、
青山が敵陣中央から相手守備陣の一瞬のスキを突く縦パス。これを南野が相手DFと競り合いながらうまくボールを収め、ボックス中央やや左に侵攻すると、ゴール左へ冷静に流し込んだ。

▽南野のゴールで先制して試合を折り返した日本は47分、大迫のパスを受けた佐々木がボックス左外からクロス。ニアサイドの原口は収めることができなかったが、こぼれ球をボックス手前の三竿がミドルシュートを放つ。しかし、これはGKJ・カルデロンにキャッチされる。

▽後半に入ってロシアW杯主力組の原口と大迫がボールを収められるようになるが、良い形でシュートには結びつけられず。すると56分、パナマにボックス右からムリージョにGK権田とディフェンスラインの間に鋭いクロスを入れられ、危険な場面を作られる。

▽少々嫌な時間帯が続いた日本だったが、65分に待望の追加点。ボックス内でパスを受けた伊東がワンタッチでボックス左へ。走り込んだ南野のシュートはGKJ・カルデロンに弾かれたが、こぼれ球を伊東が押し込み、スコアを2-0とした。

▽リードを2点に広げた日本は直後、南野と大迫に代えて川又と北川を投入する。北川はこれがA代表デビューとなった。

▽追加点を奪った日本は、74分に青山の右CKから槙野が合わせるなど、パナマを畳みかける。しかし直後、2点目を奪った伊東が相手との接触で負傷。そのままピッチを後にして堂安と途中交代した。

▽それでも日本は85分、原口のドリブル突破から最後は途中出場の川又が詰めると、相手オウンゴールを誘発しトドメの3点目。3-0で勝利した日本代表は、次戦で16日(火)に埼玉スタジアム2002(埼玉)でウルグアイ代表と対戦する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング