長友佑都、パナマ戦の若手の躍動に危機感「自分も成長しないと追い抜かれる」《キリンチャレンジカップ2018》

超ワールドサッカー / 2018年10月13日 14時30分

写真:(c) CWS Brains, LTD.

▽日本代表は13日、16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向け、トレーニングを再開した。

▽トレーニング終了後、DF長友佑都(ガラタサライ)がメディア陣による取材に応対。12日に行われていたパナマ代表戦をベンチから観ていた中で、代表生き残りへの良い刺激を受けたことを明かした。

◆DF長友佑都(ガラタサライ)
──昨日のパナマ戦をどう見たか
「観ていて気持ち良かったなというのが率直な感想です。ミスは最終的な部分で多かったのかなとは思いますけど、前に行って仕掛けながらのミスなので、伸び代があるなと思いながら観ていました。ただ、相手が世界レベルになったり、ワールドカップのようなレベルになると、失点するような場面がありました。そこは修正していかなくてはいけないですし、そこの厳しさは自分自身も伝えていきたいです」

──若いMF南野拓実(ザルツブルク)やMF伊東純也(柏レイソル)が2試合連続ゴールと結果を出しているが
「若い選手がああやって躍動してくれるのは嬉しいですよね。僕自身もこれまで以上に刺激をもらっています。まだまだトレーニングを積んで、自分も成長しないと、この若手に追い抜かれるんだという危機感も芽生えました。良い感情です。昨日の試合は楽しかったです」

──同じポジションのDF佐々木翔(サンフレッチェ広島)のプレーも生で観たのは初か
「右も左も蹴ることができて、『翔は左利きなの?』と聞いたぐらい精度の高いボールを出すことができます。良いプレーヤーだなと思いました。ただ、僕とは特徴が違いますし、彼は身長もあり、空中戦の強さがあります。僕は走力の部分で勝負していければ良いかなと思います」

──ご自身多くの監督を経験しているが、森保一監督のマネジメント力をどう感じているか
「コーチとしてW杯で接している時は、優しさの塊でこんなに優しい人はいるのかというほどでした。今度監督になって芯の強い方でブレない部分があるなと感じました。それは言葉とか行動、選手との接し方含めて全てです」

──森保一監督はドーハの悲劇を経験しているが
「厳しさは知っているでしょうし、それを若い選手に伝えたいという思いが感じられます」

──無失点で抑えてシュートも一桁台で抑えた中、ファウルは多かったが
「高いレベルのチームになるとセットプレーからやられてしまいます。それは勿体ないですし、駆け引きやギラギラした気持ちを前面に出すことは大事ですけど、ピッチに入ったら頭は冷静でいないといけません。ファウルを与えて、やられる。その1点で勝敗を分けるということがサッカーにはあります。そこも経験なのかなとは思いますけど、1月にはアジアカップがありますし、危険なところでファウルを与えるというのは致命的になるので、そういうところも伝えていきたいです」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング