海外組のシュートを経験…GKシュミット・ダニエル、1番パワーがあるのは「吉田麻也」《キリンチャレンジカップ2018》

超ワールドサッカー / 2018年10月13日 15時10分

写真:(c) CWS Brains, LTD.

▽日本代表は13日、16日に埼玉スタジアム2002で行われるキリンチャレンジカップ2018のウルグアイ代表戦に向け、トレーニングを再開した。

▽トレーニング終了後、GKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)がメディア陣による取材に応対し、今回海外組のシュートを受けたことで「反応の速さ」が足りないことを自覚。その中でDF吉田麻也(サウサンプトン)のシュートが速いことを明かした。

◆GKシュミット・ダニエル(ベガルタ仙台)
──課題について
「代表のGKに求められるのは一番にシュートストップ。今回の合宿では海外組のシュートも受けていますけど、まだまだ反応の速さが足りないと感じました」

──海外組でシュートが速いのは
「パワーがあるのは(吉田)麻也さんですね。重いし、速いです」

──GK東口順昭(ガンバ大阪)やGK権田修一(サガン鳥栖)から学ぶところは
「シュートを打たれる時の準備というか、毎回ちゃんと自分の形を持っています。ただ、自分はそういう部分がバラバラだったりします。あとはここ一番の集中力が足りないなと思います」

──ウルグアイ代表戦へ
「チャンスがあってもなくても毎日の練習でしっかりと成長できると思います。チャンスがあればそのチャンスを生かしたいですし、なければ観て学ぶこともあると思います。あと3日頑張っていきたいです」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング