FFP違反でルビン・カザンがUEFA主催大会に2季出場禁止

超ワールドサッカー / 2018年10月18日 19時50分

写真:Getty Images

▽UEFA(欧州サッカー連盟)は18日、ロシア・プレミアリーグに所属するルビン・カザンに対し、今後2シーズンの間、同連盟主催のクラブコンペティションへの参加を禁止することを発表した。

▽UEFAによれば、ファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)に規則に違反したルビン・カザンと同連盟は、当初和解協定を結んでいたものの、クラブ側がこの協定を破棄。UEFAはあらたに調査に乗り出していた。

▽すると改めて、ルビン・カザンがFFPに違反していたことが判明。この度上記のような罰則が下った。

▽現在のレギュレーションでは、UEFAランク6位のロシア・プレミアリーグは、優勝クラブと2位のクラブがチャンピオンズリーグ(CL)本戦にストレートインする資格を得ることができ、3位のチームは予備戦3回戦からのスタートとなる。また、4位と5位はそれぞれヨーロッパリーグ(EL)の予備戦3回戦と2回戦から出場。さらに、国内カップ優勝クラブはEL本戦にストレートインできるものとなっている。

▽1958年創設のルビン・カザンはこれまでに2008年と2009年シーズンにリーグ優勝を果たしている。2012年にはロシア・カップも制覇し、近年力を付けてきたクラブだ。それまでロシア・プレミアリーグはJリーグと同じように3月~11月にかけてリーグが行われていたが、2012年からはほかのヨーロッパのリーグに合わせて8月~5月に行われるようになった。なお、今季はここまで第10節を終えた時点で5位に位置している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング