シティが今節対戦の元守護神に最大限の敬意! GK練習場ピッチにジョー・ハートの名

超ワールドサッカー / 2018年10月20日 20時10分

写真:Getty Images

▽マンチェスター・シティは20日に行われるプレミアリーグ第9節でバーンリーと対戦する。この一戦を前にかつての守護神に対して最大限の敬意を示した。

▽現在、バーンリーで守護神を務めるのは昨季までシティに12年間在籍していた元イングランド代表GKジョー・ハートだ。同選手は2006年にシュルーズベリーから加入して以降、幾つかのクラブへのレンタル移籍を経験した一方、2011-12シーズンと2013-14シーズンのプレミアリーグ制覇に貢献したレジェンドだ。

▽ジョゼップ・グアルディオラ監督の就任に伴い、ここ2シーズンはトリノ、ウェストハムにレンタルに出され、今夏愛するクラブを旅立つ決断をしたハートだが、クラブはその功労者への恩を忘れていなかったようだ。

▽シティは19日、アカデミーの練習場にあるGK用のトレーニングピッチにジョー・ハートの名前を冠することを発表。さらに同ピッチの柵の部分には2011-12シーズンのプレミア最終節のQPR戦での劇的過ぎる優勝時にハートが見せた、お馴染みのセレブレーションの様子を模したモザイク絵も飾られている。

▽さらにバーンリー戦後には前述のモザイク絵のミニチュア版と、ハートとその家族に生涯のシーズンチケットがプレゼントされる予定だ。

▽ハートは古巣からの粋な計らいに対して、心から感謝を示している。

「シティ・フットボール・アカデミーのゴールキーパー用のトレーニングピッチに自分の名前が冠されることは大きな誇りだ。マンチェスター・シティは僕の人生、キャリアにおいてとても大きな部分を占めているんだ。そして、僕と当時のチームメートが成し遂げたことを心から誇りに思っているよ」

「マンチェスター・シティの歴史において数々の偉大なゴールキーパーたちがいた。そして、クラブがその中の1人として僕を選んでくれたことをこの上ない特権と感じているよ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング