柴崎不出場ヘタフェが白熱ダービー制す! ラージョ撃破で5戦ぶり白星《リーガエスパニョーラ》

超ワールドサッカー / 2018年10月21日 21時0分

写真:Getty Images

▽ヘタフェは21日、リーガエスパニョーラ第9節でラージョとのアウェイ戦に臨み、2-1で勝利。ヘタフェの日本代表MF柴崎岳はベンチ入りも出場しなかった。

▽直近のリーガ4試合2分け2敗で勝ちのないラージョが、同じく直近4試合2分け2敗のヘタフェをホームに迎えたダービーマッチ。柴崎は4試合ぶりにベンチ入りした。

▽試合の前半は両クラブ共になかなか決定機を作ることができない展開が続く。前半終了間際の40分には左サイドに抜け出したデ・トーマスが中央にグラウンダーのボールを折り返したが、ヘタフェDFが待ち構えていたラージョの選手に素早くチェック。シュートまで繋げさせない。

▽試合はゴールレスで折り返し。ラージョがボールを握り、ヘタフェはやや劣勢な中で後半に突入していく。

▽しかし、後半に入るとヘタフェが攻勢に出て試合のペースを引き寄せる。63分、左サイドからのクロスが上がると、ボックス内中央で高く飛び上がったのはフルキエ。頭で丁寧に合わせ、ゴール右隅に沈めた。

▽さらに67分、左サイドに抜け出したモリーナが速いクロスを入れ、対応したDFアキメがクリアを試みる。すると、クリアボールが豪快にネットに突き刺さりヘタフェにとって幸運なオウンゴールに。

▽早めに点差を縮めたいラージョは73分に反撃。高い位置を取った左サイドのアキメがファーサイドにクロスを上げると、バックステップを踏みながら上手くフリーになったデ・トーマスが、ボックス右から豪快なボレーシュートを放つ。地面に叩きつけられたボールがワンバウンドしてゴール左のネットを揺らし、スコアを2-1とする。

▽しかし、その後はヘタフェがラージョの攻撃を凌ぎ続け、試合終了間際の92分にはにはトレホが2枚目のイエローカードを提示されて退場処分に。10人になったラージョが試合をひっくり返すことはできないまま、試合は終了を迎えた。

▽この結果、イエローカード10枚が入り乱れる熱戦を制したヘタフェはリーグ5試合ぶりに勝利。対するラージョは5試合勝ち無しの苦境に陥っている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング