サッリ、チェルシー陣営にモウリーニョへのリスペクトを呼びかけ

超ワールドサッカー / 2018年10月22日 9時45分

写真:Getty Images

▽チェルシーを率いるマウリツィオ・サッリ監督が、マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督に敬意を表している。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。

▽チェルシーは20日、プレミアリーグ第9節のユナイテッド戦に臨み、2-2で引き分けた。1-2のビハインドで後半ATに突入したチェルシーだったが、イングランド代表MFロス・バークリーが劇的な同点弾を叩き込み勝ち点1を獲得。しかし、その際にチェルシーアシスタントコーチのマルコ・イアニ氏が敵陣営のエリアまで飛び出してモウリーニョ監督を挑発したことが物議を醸している。

▽モウリーニョ監督が激昂したことで両軍入り乱れる騒動にも発展したが、試合後には当事者のイアニ氏が同監督に直接謝罪。モウリーニョ監督が水に流す姿勢を示したことで、この一件は一段落した。

▽インタビューに応じたサッリ監督は、チェルシー側の人間がモウリーニョ監督に敬意を示すべきだと改めて語っている。

「そうだ。(ジョゼ・)モウリーニョはここで勝ってきた。だから私たち(チェルシー陣営)は彼をリスペクトする必要がある。クラブのためにトロフィーを獲得した全ての人物に対しても同様だ」

▽モウリーニョ監督は、2004年から2007年と、2013年から2015年かけての2度に渡ってチェルシーを指揮。その間にプレミアリーグ3回、FAカップ1回、リーグカップ3回、コミュニティ・シールド1回の優勝を、チェルシーにもたらした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング