ペルセポリスがクラブ初のACL決勝進出!! チャビ擁するアル・サッドは7年ぶりの決勝に届かず…《ACL2018》

超ワールドサッカー / 2018年10月24日 3時25分

写真:Getty Images

▽23日にAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2018準決勝2ndレグのペルセポリス(イラン)vsアル・サッド(カタール)が行われ、1-1の引き分けに終わった。この結果、2戦合計2-1でペルセポリスが決勝進出を決めた。

▽ホームでの1stレグを0-1で敗れたアル・サッドは、今季限りで現役引退を表明している元スペイン代表MFチャビや今夏にアトレティコ・マドリーから加入したスペイン人MFガビ、ヴィッセル神戸から加入した韓国代表MFチョン・ウヨンを先発に並べた。

▽試合が動いたのは17分、アル・サッドはブネジャーのゴールで2戦合計スコアをタイに戻す。しかし、後半開始早々の49分にシアマク・ネマティにゴールネットを揺らされると、試合は1-1のまま終了。

▽チャビ擁するアル・サッドは、2戦合計1-2で準決勝敗退となった。なお、クラブ史上初となるACL決勝進出を果たしたペルセポリスには、イラン代表FWアフマド・ノールッラヒーや同代表FWアリ・アリプル、同代表GKアリ・レザ・ビランヴァンドらが在籍。監督は、かつてハノーファーやイラン代表の指揮官を歴任したブランコ・イヴァンコビッチ氏が務めている。

▽ACL決勝は11月3日に1stレグが行われ、同10日に2ndレグが行われる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング