エンソ・ペレスが神戸イニエスタと競演も! 横浜FMとFC東京も獲得に名乗りか

超ワールドサッカー / 2018年12月14日 17時29分

写真:Getty Images

▽リーベル・プレートに所属するアルゼンチン代表MFエンソ・ペレス(32)のJリーグ入りが近づいているようだ。イタリア『カルチョメルカート』が伝えている。

▽エンソ・ペレスは2003年にゴドイ・クルスでプロデビュー後、エストゥディアンテスやベンフィカ、バレンシアでプレー。代表としても26試合1得点をマークし、2014年のブラジル大会から2大会連続のワールドカップメンバー入りを果たした実力者だ。

▽そのエンソ・ペレスは、2017年夏にバレンシアからリーベル・プレートに移籍。南米方面の報道では、9日のボカ・ジュニアーズとのコパ・リベルタドーレス第2戦が移籍前ラストマッチとなった可能性も伝えられており、日本行きがほぼ確実だという噂も囁かれている。

▽なお、『カルチョメルカート』は、エンソ・ペレスの新天地候補としてヴィッセル神戸、横浜F・マリノス、FC東京を列挙。特に、神戸には元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ、元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが既に加入している他、元スペイン代表FWダビド・ビジャの来シーズン加入が発表となったが、果たして…。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング