京都が期限付き移籍で今季プレーしたMF庄司悦大を仙台から完全移籍で獲得

超ワールドサッカー / 2018年12月19日 15時39分

写真:(c) J.LEAGUE PHOTOS

▽京都サンガF.C.は19日、ベガルタ仙台からMF庄司悦大(29)を完全移籍で獲得することを発表した。

▽庄司は、専修大学から2012年にFC町田ゼルビアへと入団。2015年にレノファ山口FCへと移籍すると、2017年はFC岐阜でプレー。2018年に仙台へと移籍するものの、YBCルヴァンカップで3試合の出場にとどまっていた。

▽シーズン途中に京都へと期限付き移籍した庄司は、J2リーグで20試合に出場し1得点を記録。今回完全移籍に切り替わることとなった。庄司は両クラブを通じてコメントしている。

◆京都サンガF.C.
「この度、京都サンガF.C.に完全移籍で加入することとなりました。また来年も京都で戦えることをとても嬉しく思います」

「今年チームが成し遂げられなかったことの悔しさを晴らすべく、来年は力の限りを尽くして戦いたいと思いますので、ファン・サポーターの皆さま、応援よろしくお願いします」

◆ベガルタ仙台
「このたび、京都サンガF.C.に完全移籍することとなりました。チームに貢献できないまま仙台を離れることは名残惜しいですが、京都で成長していきたいと思います」

「お世話になった選手、スタッフ、応援していただいたファン・サポーターのみなさま、本当にありがとうございました」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング