次の目標はプスカシュ超え! ベンゼマがマドリー通算得点数6位にランクイン

超ワールドサッカー / 2019年2月1日 17時40分

写真:Getty Images

レアル・マドリーに所属する元フランス代表FWカリム・ベンゼマ(31)が、クラブ史上6位の得点数を記録している。スペイン『マルカ』が伝えた。

レアル・マドリーは1月31日、コパ・デル・レイ準々決勝2ndレグのジローナ戦で3-1と快勝。1stレグで収めた4-2での勝利と合わせて、2戦合計7-3で準決勝に駒を進めた。

試合の中では、直近のリーガエスパニョーラ第21節エスパニョール戦でも2ゴールを決めていたベンゼマが躍動。前半半ばにDFカルバハルとのワンツーからGKイライソスの逆を突いてネットを揺らすと、43分にもボックス手前左から見事なコントロールシュートをファーに沈めた。

これらの得点により、ベンゼマのマドリーでの公式戦通算得点数は209ゴール。今シーズン序盤には得点力不足が批判を集めていたが、ウーゴ・サンチェス氏の208ゴールを抜きクラブでの通算得点ランキング6位に躍り出た。

なお、ベンゼマの次の目標になる5位のフィレンツ・プスカシュ氏は242ゴールをマーク。更には、サンティリャーナ氏が4位(290ゴール)、アルフレッド・ディ・ステファノ氏が3位(308ゴール)、ラウール・ゴンザレス氏が2位(323ゴール)と続き、ユベントスに移籍したクリスティアーノ・ロナウドが451ゴールという圧倒的な数字でトップに立っている。

ベンゼマの得点の内訳は、リーガで136ゴール、チャンピオンズリーグ(CL)で47ゴール、コパ・デル・レイで20ゴール、クラブ・ワールドカップ(CWC)で3ゴール、スーペル・コパで2ゴール、欧州スーパーカップで1ゴールとなっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング