イブラの相棒、LAギャラクシーのノルウェー代表FWカマラが今季昇格の中国クラブへ完全移籍

超ワールドサッカー / 2019年2月28日 11時55分

写真:Getty Images

中国スーパーリーグの深セン市足球倶楽部は28日、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーからノルウェー代表FWオラ・カマラ(29)を完全移籍で獲得したことを発表した。

カマラは、スターベクやヘーネフォス、ストレームスゴトセトなどノルウェークラブでプレー。その後は、オーストリアのSVリート、ドイツの1860ミュンヘンでプレー。2014年1月にオーストリア・ウィーンに完全移籍した。

その後、モルデへのレンタル移籍を経験すると、2016年2月にはMLSのコロンバス・クルーへと完全移籍。2018年1月からロサンゼルス・ギャラクシーでプレー。元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチと2トップを組むなど活躍。MLSで31試合に出場し14ゴール4アシストを記録していた。

カマラは、ノルウェーのエリテセリエン(ノルウェー1部リーグ)で通算149試合に出場し58ゴール18アシストを記録。MLSでは90試合で48ゴール11アシスト、オーストリア・ブンデスリーガでは23試合で2ゴール4アシストを記録。また、ヨーロッパリーグにも6試合出場し1ゴールを記録していた。

世代別のノルウェー代表を経験したカマラは、2013年10月にノルウェー代表デビュー。その後はケガなどもあり未招集の時期が続いたが、2017年に復帰していた。代表通算13試合出場6ゴールを記録している。

深セン市足球倶楽部は、今シーズンから中国スーパーリーグに昇格。今冬には、サンテチェンヌからセネガル代表DFシェイフ・エムベング、ノルウェー代表MFオル・セルナエスも獲得している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング