ライプツィヒがチェルシーアカデミーのエイブラハムに注目か、今季アストン・ビラでゴール量産中

超ワールドサッカー / 2019年3月8日 2時7分

写真:Getty Images

ライプツィヒが、チェルシーユースのイングランド代表FWタミー・エイブラハム(21)に注目しているようだ。イギリス『サン』が伝えている。

ナイジェリアにルーツを持つエイブラハムは、数多いるチェルシーユース選手の中でも有数の逸材で、今季はレンタル先のアストン・ビラでここまでリーグ戦29試合で21ゴールを挙げている。190㎝の長身を生かしたポストプレーを武器としながらも、時にウイングからドリブルでチャンスメイクするプレーも魅力のひとつ。昨年11月にはイングランド代表デビューを果たした、今後の活躍が期待されている1人だ。

そのエイブラハムにライプツィヒが興味を示しているという。現在ブンデスリーガでは、ドルトムントのFWジェイドン・サンチョの大活躍ぶりから、にわかに若手英国人ブームが到来中。その波を受けて、ライプツィヒもイングランドに視察団を送っている模様。今冬の移籍マーケットでは、アーセナルからU-18イングランド代表MFエミール・スミス=ロウをレンタルで獲得した。

ウォルバーハンプトンも興味を持っているというエイブラハムの市場価値は2000万ポンド(約30億円)程度。果たしてライプツィヒは獲得に動くのだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング