ティーレマンス移籍後初弾とヴァーディの2Gでレスターがフルアムに勝利! ロジャーズ体制初白星《プレミアリーグ》

超ワールドサッカー / 2019年3月10日 2時20分

写真:Getty Images

レスター・シティは9日、プレミアリーグ第30節でフルアムと対戦し、3-1で勝利した。岡崎は72分から出場した。

リーグ戦ここ8試合でわずか1勝の11位レスター(勝ち点35)と、降格圏の19位に沈む19位のフルアムの対戦。岡崎は2試合ぶりにベンチに戻ってきた。

先月末にピュエル監督を解任し、元リバプールのロジャーズ監督を招へいしたレスターは、その初陣となった前節のワトフォード戦は、後半アディショナルタイムに失点し1-2で敗戦。その試合からスタメンを一人変更して臨んだ今回は、開始6分にティーレマンスがボックス左からファーストシュートに持ち込んだ。

その後、やや停滞した試合は、20分にCKの流れからこの日2本目のシュートを放ったティーレマンスが先制点を奪う。21分、センターサークル付近でボールを奪ったエンディディから、オフサイドラインギリギリで裏に抜け出したヴァーディにスルーパスが通る。そのままドリブルでボックス左に侵入したヴァーディは、GKを引き付けて右のティーレマンスにラストパス。ティーレマンスはトラップから冷静にシュートを流し込んで、レスターに先制点をもたらした。

このゴールで主導権を握ったレスターは次々とゴールに迫っていく。冬の移籍後初ゴールを決めたティーレマンスもさらに2本のシュートを放つなど、前半だけでレスターは11本のシュートを打った。

後半に入り、R・セセニョンを下げてアイテを投入したフルアム。するとこの交代がすぐに功を奏す。51分、最終ラインからのロングボールが右サイドのアイテに繋がり、アイテはドリブルでボックス右に侵攻。相手に身体を寄せられながらも放ったシュートは、マグワイアの足に当たってゴールイン。同点に追いついた。

嫌な後半立ち上がりとなったレスター。その後はあまりチャンスもなく試合は進む。63分のバーンズのゴール右下を狙ったシュートはGKリコのファインセーブに遭う。

やや劣勢で進む中、レスターは72分に岡崎とゲザルを同時投入。先制点のティーレマンスはここでお役御免となった。するとこのあたりから試合は好転。1-1で迎えた78分、マディソンが相手陣内でボールを奪って素早く前線のヴァーディへスルーパス。ボックス右に侵入したヴァーディは楽々とシュートを流し込み、再びリードをもたらした。

さらにその8分後の86分、GKシュマイケルのロングフィードが目測を誤った相手の頭を跳ねて左サイドのバーンズの下へ。バーンズはドリブルでマークをはがしてボックス左へ侵攻。最後はヴァーディがボックス中央から決めて3点目を追加した。

これで試合終了。レスターの2試合ぶりの勝利はロジャーズ体勢初白星となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング