ペレス、電撃復帰ジダンに441億超の投資約束か

超ワールドサッカー / 2019年3月12日 13時30分

写真:Getty Images

レアル・マドリーは11日、ジネディーヌ・ジダン氏の監督再任を電撃発表した。この動きは“ある約束”により、実現した模様だ。イギリス『インデペンデント』が報じた。

その約束とは今夏の大型補強だ。今シーズンのレアル・マドリーは昨夏、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドをユベントスに手放したが、その穴埋めの最適解をみいだせず、攻撃がスケールダウン。フレン・ロペテギ氏やサンティアゴ・ソラーリ氏の再建努力も実らず、コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグ(CL)から敗退を強いられ、リーガエスパニューラでも首位のバルセロナを12ポイント差で追う3位と無冠が決定的だ。

そうした悪しき状況下で実現したジダン氏のレアル・マドリー電撃復帰劇。この背景において、レアル・マドリーの会長を務めるフロレンティーノ・ペレス会長が新たな銀河系軍団発足の金銭援助を約束したことで、CL3連覇監督のサンティアゴ・ベルナベウ帰還が正夢になったという。その額は推定3億ポンド(約441億5000万円)を上回るとのことだ。

なお、レアル・マドリーの今夏ターゲットとして、トッテナムに所属するデンマーク代表MFクリスティアン・エリクセン(27)、チェルシーに所属するベルギー代表MFエデン・アザール(28)、ブラジル代表FWネイマール(27)とフランス代表FWキリアン・ムバッペ(20)のパリ・サンジェルマン勢が挙がっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング