チェルシーに悲報…アザールに続きカンテがジダンのターゲットに

超ワールドサッカー / 2019年3月12日 23時1分

写真:Getty Images

レアル・マドリーの指揮官に再任したジネディーヌ・ジダン監督が、ベルギー代表MFエデン・アザール(28)に続きフランス代表MFエンゴロ・カンテ(27)の獲得をクラブ側にリクエストしているようだ。イギリス『ロンドン・イブニング・スタンダード』が伝えている。

昨季限りでジダン監督がクラブを去り、その後フレン・ロペテギやサンティアゴ・ソラーリの両指揮官の下で大不振に陥ったマドリー。コパ・デル・レイ、チャンピオンズリーグ(CL)から敗退を強いられ、リーガエスパニューラでも首位のバルセロナを12ポイント差で追う3位と無冠が決定的だ。

その窮地に陥った古巣に手を差し伸べたフランス人指揮官に対して、フロレンティーノ・ペレス会長は今夏の補強予算として推定3億ポンド(約441億5000万円)を上回る巨額の費用を準備していると言われる。

そして、現時点での最有力候補は以前からジダン監督と相思相愛と言われるアザールと見られている。だが、同監督はチェルシーのエースと共に、かつてマドリーで自身を大いにサポートしたクロード・マケレレを髣髴とさせる同胞MFの獲得も希望しているようだ。

現在、マドリーではカンテが得意とするアンカーポジションにブラジル代表MFカゼミロが主力として君臨しているが、カンテは今シーズンのチェルシーでインサイドハーフのポジションで新境地を開いており、共存は十分に可能だ。

そのカンテは昨年11月に週給29万ポンド(約4230万円)と言われるクラブ最高レベルの高額サラリーで2023年までの契約延長にサインしているが、前述の潤沢な補強資金があれば、十分に獲得可能と思われる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング