トーレス負傷交代、1人退場もホームデビューのクエンカAT弾で鳥栖が磐田を下し今季リーグ戦初ゴール&初勝利!《J1》

超ワールドサッカー / 2019年3月17日 15時0分

写真:(c) CWS Brains, LTD.

17日、明治安田生命J1リーグ第4節のサガン鳥栖vsジュビロ磐田が駅前不動産スタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利を収めた。

開幕から3試合で無得点、3連敗の最下位・鳥栖と、2分け1敗でこちらも勝利がない15位の磐田の対戦。ともに初勝利を目指した激しい戦いとなった。

ホームの鳥栖は2名変更。前節から高橋秀人、趙東建に替えて、福田晃斗、原川力が先発出場。高橋は出場停止により欠場となっている。

一方の磐田は4選手を変更。前節からムサエフ、小川大貴、ロドリゲス、大南拓磨に替えて、上原力也、高橋祥平、櫻内渚、田口泰士が先発。大南は出場停止、田口は今シーズン初出場となっている。

試合はホームの鳥栖が先にチャンスを迎える。2分、左サイドを原川が抜け出すとボックス内に侵入。中央の金崎に折り返すも、GKカミンスキーが先に触れてシュートは打てない。

4分には右サイドを仕掛けると、原川のパスをボックス内右から金崎がシュート。これは枠を外れるが、CKとなる。

9分、磐田は右サイドで得たFKからクロス。これはGK大久保がパンチングでクリアするも、ボックス外でアダイウトンがバイシクルシュート。しかし、これは枠を外れる。19分にもアダイウトン。左サイドからドリブルでカットインすると右足でシュート。しかし、シュートは大きく枠を外れてしまう。

鳥栖は21分にトーレスが魅せる。ロングボールを競り合うと、ボックス手間中央でフェイントから相手DFをかわしてシュート。ゴール左にシュートは飛ぶが、GKカミンスキーが横っ飛びでセーブする。

25分には鳥栖が決定機。パス回しで時間を使うと、ボックス手前左でパスを受けた原川がミドルシュート。しかし、これはわずかにゴール左に外れる。

26分にも原川。相手陣内でボールを奪うと、右サイドを仕掛けた金崎がクロスを送ると、原川がボックス内でダイレクトボレー。しかし、これは右に外れる。

その後は互いに相手ゴールに攻め込むシーンも見られるが、決定的なシュートは打てず。守備が効いている鳥栖のペースで進んだ前半は、ゴールレスで終える。

後半は立ち上がりから互いに攻勢に出る展開に。しかし、鳥栖は51分にアクシデント。味方のパスを受けようと動き出したトーレスが右太もも裏に違和感を訴え交代を要求。豊田が代わって出場した。

その鳥栖は55分、ショートコーナーから原川が右サイドから侵入。グラウンダーのクロスを送るも、DFがクリア。56分には右CKからのクロスに高橋祐がヘディングで合わせるも、GKカミンスキーとの接触を取られファウルとなる。

すると61分、大久保に激しくチャージに行った高橋祐にイエローカードが提示。これがこの試合2枚目となり、前節に続き鳥栖は退場者を出すことになる。

1人少ない鳥栖は65分、松岡に代えてカルロ・ブルシッチを投入。ブルシッチはセンターバックの位置に入った。

磐田は79分に大久保に代えて中村俊輔を投入。鳥栖は81分に金崎に代えてイサック・クエンカを投入し、攻撃陣を入れ替える。

すると磐田は82分にチャンス。左サイドを上がったエレンがボックス内左からクロス。しかし、誰も触れず、磐田もゴールが遠い。

終盤でもゴールを目指す両チーム。磐田は91分、荒木がやや離れた位置から左足で強烈なミドルシュート。しかし、これは枠の上を越えていく。

すると92分、クエンカが試合を動かす。ハーフウェイライン付近でボールを受けたクエンカは、巧みな技を見せてパス。高橋義が左サイドで受けると、裏に抜ける原川へ浮き球のパスを出す。フリーの原川はボックス左から丁寧にクロスをあげると、猛然と走り込んだクエンカがヘッド。これがネットを揺らし、鳥栖が先制する。

残り時間がわずかの中、磐田も猛攻。しかし、最後まで守り切った鳥栖がクエンカのゴールで勝利を収めた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング