やっかみなのか真実なのか、それは数字が教えてくれる!? の巻/倉井史也のJリーグ

超ワールドサッカー / 2019年3月21日 13時15分

写真:(c) J.LEAGUE PHOTOS

ワタクシってば取材熱心なものですから、日本代表ウィークでもちゃんとJクラブに顔を出してるワケですよ。で、そうしたら今週試合がなくてホッと一息ついてるクラブ関係者からこんな声ってのが聞けたんです。

「だってさ、まだ4節じゃん。ここで首位に立ってたからって優勝できるわけじゃないんだし!!」

ひがみ? ねたみ? それとも真実? ってことでちゃんと調べてみましたよ。

2005年
第4節首位 FC東京
優勝チーム G大阪

2006年
第4節首位 横浜FM
優勝チーム 浦和

2007年
第4節首位 名古屋
優勝チーム 鹿島

2008年
第4節首位 鹿島
優勝チーム 鹿島

2009年
第4節首位 新潟
優勝チーム 鹿島

2010年
第4節首位 鹿島
優勝チーム 名古屋

2011年
4試合終了時首位 仙台
優勝チーム 柏

2012年
第4節首位 仙台
優勝チーム 広島

2013年
第4節首位 横浜FM
優勝チーム 広島

2014年
第4節首位 鹿島
優勝チーム G大阪

2015年
第4節首位 浦和
優勝チーム 広島

2016年
第4節首位 川崎
優勝チーム 鹿島

2017年
第4節首位 神戸
優勝チーム 川崎

2018年
第4節首位 川崎
優勝チーム 川崎

なな、なんと!! J1が18チーム構成になってから、4試合を消化したところで首位に立っていたチームが優勝したのは、2008年の鹿島と2018年の川崎だけ!! つまり14シーズンで2回ってことは確率14パーセント。あれ? これって意外と高くない? ってことでFC東京のみなさん、おめでとうございます!!


【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング