日本人がオランダで活躍できる理由…フローニンヘン堂安律「2つが大きな要因」

超ワールドサッカー / 2019年5月22日 15時5分

写真:Getty Images

フローニンヘンに所属する日本代表MF堂安律が、日本人がオランダリーグで活躍できる理由について自身の考えを明かした。

昨夏にガンバ大阪からフローニンヘンに加入して以来、センセーショナルな活躍を続ける堂安。公式戦10ゴール4アシストを記録し、完全移籍を勝ち取ると、今シーズンも5ゴール3アシストを記録した。また、2018年9月にデビューを飾った日本代表でもキャップ数はすでに13。日本の若きアタッカーとして、期待を集めている。

オランダではかつて元日本代表MF小野伸二(現・北海道コンサドーレ札幌)がフェイエノールトで、元同国代表MF本田圭佑(現メルボルン・ビクトリー)、日本代表DF吉田麻也(現・サウサンプトン)らがVVVフェンロで活躍。現在では堂安の他、ヘーレンフェーンの同国代表MF小林祐希やズウォレのDF中山雄太たちがオランダの地で日々しのぎを削っている。

オランダリーグで日本人が活躍できる要因とは。『DAZN』でのインタビューで堂安は、自身が思う2つの理由を明かした。

「これといった理由を僕がハッキリと言えるか分からないですけど、まずは日本人にポテンシャルがあるということは間違いないと思います。それプラス、オランダ人の人柄が、日本人が来ても助け合うということをしてくれます」

「それは僕がフローニンヘンに来た時も感じましたし、その2つが大きな要因かなと思います」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング