トッテナムでの将来を聞かれポチェッティーノ監督が注目発言?

超ワールドサッカー / 2019年6月2日 12時45分

写真:Getty Images

トッテナムを率い、クラブ史上初のチャンピオンズリーグ決勝に導いたマウリシオ・ポチェッティーノ監督。他クラブの指揮官就任の噂が絶えない中、今後について口にした。『フットボール・イタリア』が伝えた。

トッテナムは1日、リバプールとのチャンピオンズリーグ決勝を戦い、0-2で敗戦。史上初の決勝進出ながらも、タイトル獲得とはならなかった。

試合後、ユベントスの監督就任の噂が挙がっているポチェッティーノ監督は、トッテナムでの将来について質問され、肯定も否定もしない受け答えをして話題となっている。

「今はそのことについて話すときではない。多くを話す時間もないと思う。いろいろな方法で物事を解釈することができるだろう」

「みんなは私をいろいろな監督と比較したいのだろうが、我々は異なる場所の異なるプロジェクトに参加している」

「トッテナムで5年が経過した今、プロジェクトはとても明確だった。我々の野心は素晴らしかったし、選手たちの献身性も素晴らしかった。だからこそ、我々は史上初のチャンピオンズリーグ決勝に出場したのだ」

「今は落ち着き、我々の考えを変え、話す時間を持つだろう」

ポチェッティーノ体制になり、若手選手の台頭やプレミアリーグでの序列の変動、そしてヨーロッパの舞台でも戦えることを証明し、チームが変化していったトッテナム。果たして、指揮官をチームにとどめ、さらに上を目指すことはできるだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング