メッシが初の世界で最も稼いだアスリートに! Cロナウド、ネイマールが続きトップ3をサッカー選手が独占

超ワールドサッカー / 2019年6月12日 1時30分

写真:Getty Images

バルセロナに所属するアルゼンチン代表FWリオネル・メッシが、世界で最も稼いだアスリートのトップに立っている。アメリカ『フォーブス』が伝えた。

報道によれば、メッシの収入は1億2700万ドル(約138億円)とのことで、初のトップとなった。選手としてのサラリーとボーナスは、9200万ドル(約100億円)でスポンサー収入が3500万ドル(約38億円)とと記録されている。

また、過去に2度(2016、2017)トップを獲得したユベントスのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが1億900万ドル(約118億円)で2位、昨年5位だったパリ・サンジェルマンのブラジル代表FWネイマールが1億500万ドル(約114億円)で3位となり、トップ3をサッカー選手が独占した。

◆世界で最も稼いだアスリート
1位: リオネル・メッシ(1億2700万ドル/約138億円)[サッカー]
2位: クリスティアーノ・ロナウド(1億900万ドル/約118億円)[サッカー]
3位: ネイマール(1億500万ドル/約114億円)[サッカー]
4位: サウル・アルバレス(9400万ドル/約102億円)[ボクシング]
5位: ロジャー・フェデラー(9340万ドル:約101億円)[テニス]
6位: ラッセル・ウィルソン(8950万ドル:約97億円)[アメリカンフットボール]
7位: アーロン・ロジャース(8930万ドル:約96億9000万円)[アメリカンフットボール]
8位: レブロン・ジェームズ(8900万ドル:約96億5600万円)[バスケットボール]
9位: ステフィン・カリー(7980万ドル:約87億円)[バスケットボール]
10位: ケビン・デュラント(6540万ドル:約71億円)[バスケットボール]

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング