守備的なユーティリティプレーヤーが欲しいラツィオ、アーセナルDFを狙う?

超ワールドサッカー / 2019年6月13日 12時45分

写真:Getty Images

アーセナルの元イングランド代表DFカラム・チャンバース(24)だが、ラツィオへの移籍が浮上した。イタリア『イル・メッサジェッロ』が報じた。

サウサンプトンの下部組織で育ったチャンバースは、2014年にアーセナルへと完全移籍で加入。その後はミドルズブラへのレンタル移籍を経験。今シーズンはフルアムへレンタル移籍し、プレミアリーグで31試合に出場し2ゴールを記録していた。

本職はセンターバックのチャンバースだったが、フルアムではディフェンシブミッドフィールダーのポジションでプレー。新境地を開き、フルアムで大きな貢献を見せていたが、チームは降格の憂き目に遭っていた。

そんなチャンバースに興味を示しているのが、ラツィオだ。ラツィオは、複数ポジションでプレーできる守備的な選手を探しており、チャンバースが候補に挙がったとのこと。1250万ポンド(約17億1700万円)の移籍金を用意するつもりのようだ。

アーセナルは、サウサンプトンから購入する際に1600万ポンド(約22億円)を要しており、チャンバースの状況を考えれば売り時とも考えられる。果たして、この移籍は成立するのだろうか。なお、ラツィオは同価格で購入可能なニューカッスルのDFジャマール・ラッセルズ(25)にも興味を示しているようだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング