【日本代表プレビュー】3連覇目指すチリに挑む、新たな日本代表《コパ・アメリカ/日本vsチリ》

超ワールドサッカー / 2019年6月18日 6時45分

写真:Getty Images

日本時間18日(現地時間17日)、コパ・アメリカ2019 グループC第1節の日本代表vsチリ代表が行われる。

招待国として2度目のコパ・アメリカに出場する日本は、選手の拘束力がないこと、さらにJリーグを中断できないということから、変則的なメンバー構成で出場することとなった。

先日行われたキリンチャレンジカップ2019からはGK川島永嗣(ストラスブール/フランス)、GK大迫敬介(サンフレッチェ広島)、DF冨安健洋(シント=トロイデン/ベルギー)、MF柴崎岳(ヘタフェ/スペイン)、MF中島翔哉(アル・ドゥハイル/カタール)、MF中山雄太(ズヴォレ/オランダ)、MF久保建英(FC東京)、FW岡崎慎司(レスター・シティ/イングランド)が継続して参加。その他は、DF植田直通(セルクル・ブルージュ/ベルギー)を除いて、東京オリンピック世代が名を連ねることとなった。

A代表とU-23日本代表の指揮官を兼任する森保一監督にとっては、9月からスタートするカタール・ワールドカップ アジア予選に向けたA代表への選手選考に加え、東京オリンピックに向けた選手の可能性を見極める場でもある。南米勢の真剣勝負の中で何を経験できるのか、そして何を持ち帰るのだろうか。

◆史上2カ国目の大会3連覇を目指すチリ

Getty Images
初戦の相手は、大会連覇中のチリ代表だ。2015年に自国で開催されたコパ・アメリカで初優勝を飾ると、第1回大会から100年目の節目に行われた2016年のコパ・アメリカ・センテナリオでも優勝を果たし、大会連覇を達成した。

チリの成功を支えていたのは、2012年から指揮を執っていたホルヘ・サンパオリ監督(現サントス監督)だったが、2016年に労働環境への不満から監督を退任。その後を引き継いだフアン・アントニオ・ピッツィ監督は2016年のコパ・アメリカを制したものの、2018年のロシア・ワールドカップに向けてはチームが低迷を迎え、まさかの南米予選で敗退することとなった。

チームを率いるのは、コロンビア人指揮官のレイナルド・ルエダ監督だ。2018年1月から指揮を執ると、これまで13試合を戦い5勝4分け4敗とあまり結果を残せていないのが現状だ。

2018年9月には森保一監督の初陣となるはずだった試合の対戦相手だったが、北海道胆振東部地震の影響で急きょ中止に。本番での対戦となったが、低迷していながらもディフェンディングチャンピオン。その実力は侮ることはできない。

◆名の知れた選手が揃う
Getty Images
今大会のメンバーには、マンチェスター・ユナイテッドでプレーするFWアレクシス・サンチェスやバルセロナでプレーするMFアルトゥーロ・ビダル、香川真司とベシクタシュで同僚のMFガリー・メデルなどが招集。さらには、国内でプレーする選手なども含まれている。

エースであるサンチェスは、不遇のシーズンを過ごしたこともあり、コパ・アメリカで改めて自身の価値を示したいと意気込んでいるはずだ。歴代最多得点者でもあり、自身の新シーズンに向けても、大会3連覇という手土産を持ちたいところだろう。

また、ビダルは記者会見に出席し「フィジカル的には完璧だ。チームは成熟の瞬間にあって、僕たちは懸命にトレーニングし、カップを掲げたいと思っている」と3連覇に向けて自信をのぞかせていた。

ワールドクラスの選手を揃えながら、ワールドカップに出られなかった悔しさも、今大会に向けて強いはず。経験の浅い選手が多く揃う日本としては、世界基準のプレーを体感するとともに、自信をつけるためのプレーを見せてもらいたい。

◆軸はハッキリ、未知数の伸び代に期待
Getty Images
日本は前述の通り、ベストメンバーで今大会に臨んでいるわけではない。一方で、その中でもチームの軸点は定まっており、自ずと中心になるべき選手は見えてくる。

最終ラインでは植田と冨安、中盤では柴崎と中島。その脇を固める選手たちも、クラブレベルや世代別の代表チームでは経験を積んでおり、ワンランク、ツーランク上の戦いを公式大会で味わえることはプラス以外の何物でもないだろう。

力の差を見せつけられる可能性は少なくないが、「チャレンジ精神を持って臨み、粘り強く勇敢に勝利を目指して戦います」と森保監督が前日会見で語ったように、チャレンジャーとしてしっかりと戦うことがまずは大事にしたいところだ。

U-23日本代表のメンバーが多く招集されているだけに、1年後に控える東京オリンピックに向けても世界においてどの位置にいるかを確認できる場面でもある。経験が浅いだけに、体感して吸収するものも未知数だ。グループステージ3試合を通じて、しっかりと吸収し、成長し、そして結果を残すことを求めてもらいたい。

◆予想フォーメーション[3-4-2-1]
©️CWS Brains, LTD.
GK:大迫敬介
DF:植田直通、冨安健洋、板倉滉
MF:原輝綺、柴崎岳、中山雄太、杉岡大暉
MF:三好康児、中島翔哉
FW:前田大然
監督:森保一

日本代表だが、システムはキリンチャレンジカップでも採用した[3-4-2-1]となると予想する。GKはU-20ワールドカップを回避し、A代表に合流していた大迫だ。経験のある川島永嗣ではなく、伸び代のある大迫を起用してもらいたい。

最終ラインは右から植田、冨安、そして板倉滉(フローニンヘン/オランダ)と予想する。冨安、板倉は3バックの経験者。植田は4バックの経験が多く、所属のセルクル・ブルージュは4バックと5バックを併用している状況だ。それでも、対人守備の強さを発揮し、最年長DFとして周囲を牽引してもらいたい。

中盤のボランチは柴崎、そして中山が務めると予想する。森保監督が作るチームにおいて、柴崎は心臓といってもいいだろう。ボールの供給源となる柴崎だが、中山と組むことでその力は倍増するはず。2人でバランスをとりつつ、互いが積極的に縦パスを供給することができれば、日本にもチャンスが巡ってくるはずだ。

そしてウイングバックは、右にDF原輝綺(サガン鳥栖)、左にDF杉岡大暉(湘南ベルマーレ)と予想する。市立船橋でも同期としてプレーした両選手が、両WBとしてコパ・アメリカの舞台に立つ姿は見たいところ。互いに所属クラブでもしっかりと役割をこなしており、ユーティリティさも持ち合わせていることが大きいだろう。

シャドーに入るのは、中島とMF三好康児(横浜F・マリノス)と予想する。先日A代表デビューを飾った久保も三好のポジションに入る可能性があるが、初戦はベンチスタートと予想。どちらが出場しても、シャドーとして求められることは変わらず、しっかりとゴールにつながるプレーができるどうかだ。

そして1トップにはFW前田大然(松本山雅FC)と予想する。キリンチャレンジカップ2019のエルサルバドル戦でFW永井謙佑(FC東京)が見せたように、持ち味のスピードを生かして相手DFラインを押し下げ、または裏を狙いに行くプレーを求めたい。

◆現在地を知るための力試し
Getty Images
初戦ということ、そしてウルグアイ代表vsエクアドル代表の戦いを見たことにより、チリ代表は硬い入りというよりは全力で日本を倒しにくることが予想される。

グループステージ突破に向け、勝ち点を計算できると見られているはずの日本。その逆境の中で、若い力が何を発揮するのかが、この試合のポイントだ。

実績や実力ではチリに劣るものの、森保監督が準備している日本代表としてのゲームプランを遂行できるか。守備陣はワールドクラスの攻撃に耐えられるか、攻撃陣は隙の生まれた瞬間で得られる決定機をいかに決められるか。自分たちの力を試す相手として、初戦から王者と戦えることは大きい。

日本代表として、1999年以来のコパ・アメリカ代表の試合。初戦チリ代表戦は、18日(火)8時にキックオフを迎える。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング