昇格組オサスナ、今季ウエスカで活躍のMFチミ・アビラを獲得!

超ワールドサッカー / 2019年6月28日 1時5分

写真:Getty Images

オサスナは27日、サン・ロレンソからアルゼンチン人MFチミ・アビラ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2023年6月30日までの4年となる。契約解除金は2500万ユーロ(約30億円)に設定されている。

なお、オサスナはチミ・アビラの移籍金として270万ユーロ(約3億3000万円)を支払う。さらに、スポーツ面の条件に応じて最大60万ユーロ(約7300万円)がボーナスとして支払われ、同選手が今後1500万ユーロ(約18億3000万円)以上の金額で他クラブに移籍した際には100万ユーロ(約1億2000万円)をサン・ロレンソに支払う契約となっている。

地元ロサリオのティロ・フェデラルでプロデビューを飾ったチミの愛称で知られるエセキエル・アビラ。2015年にサン・ロレンソに完全移籍すると、直近2シーズンはウエスカにレンタル移籍。

加入初年度となった昨シーズンはセグンダA(スペイン)に所属していたウエスカでリーグ戦35試合に出場し7ゴールを記録し、同クラブの史上初のプリメーラ昇格に貢献。

今シーズンは自身初のプリメーラの舞台で左ウイングを主戦場に持ち味のアジリティを生かしたドリブル突破、両足から繰り出されるパワフルなシュートを武器に34試合で10ゴール2アシストの見事な活躍を披露。チームは19位で2部降格を強いられた中、個人としては評価を高めていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング