北九州、町野の土壇場弾で岩手に競り勝ち暫定首位浮上!《J3》

超ワールドサッカー / 2019年6月29日 21時0分

明治安田生命J3リーグ第14節の4試合が29日に各地で行われた。

いわぎんスタジアムで行われたいわてグルージャ盛岡vsギラヴァンツ北九州は、3-2で北九州が勝利した。

前節のホームゲームが雷の影響で延期となり、2週間ぶりの公式戦となる11位・岩手(勝ち点16)と、首位・ロアッソ熊本を勝ち点「2」差で追う2位・北九州(勝ち点25)が激突した。

試合は開始早々、好調を維持する北九州が先制する。3分、新井の右CKにニアサイドの寺岡がフリックすると、最後は中央に走り込んでいたディサロが左足インサイドでゴール右に突き刺した。

先制点を許した岩手は21分、カウンターを発動。敵陣浅い位置でキープした谷口から宮市がパスを呼び込み、最後はボックス左手前から右足を振り抜く。シュートは対峙した相手DFの股を抜けたが、GK高橋の正面に飛んでしまう。

それでも岩手は25分に同点弾。麦倉の右CKを中央の福田が競り勝ち、頭で合わせると、ボールはゴール右に吸い込まれた。

追いつかれた北九州だが、再び攻勢を強めると、再びセットプレーから勝ち越しに成功する。42分、敵陣中央右でFKを獲得し、國分がゴール前に鋭いクロスを供給。これが反応したディサロをマークしていた相手DFに当たってボールはゴールへ。北九州がスコアを2-1とし、試合を折り返した。

後半に入ると、北九州は60分に池元が右ポスト直撃の強烈なシュートを放つなど、暫定首位浮上に向けて攻勢を強める。しかし、岩手も譲らず。65分に右CKを獲得し、キッカーの廣田がボックス中央にクロスを送ると、同点ゴールを決めた福田が再び頭でゴール左隅に押し込んで、またしてもスコアをイーブンにする。

再び追いつかれた北九州は75分、池元に代えて町野を投入し、3度目の勝ち越しを狙う。すると87分、浮き球のパスに反応した町野がボックス内でワントラップから素早くシュート。しかし、相手DFの懸命なブロックに阻まれてしまう。

このまま同点かと思われた後半アディショナルタイム、途中投入の男が北九州を暫定首位に導く。敵陣中央でボールを持った新垣が巧みなキープからボックス左にスルーパス。これに抜け出した途中出場の町野が左足でニアサイドを射抜き、GKとの一対一を制した。

試合はこのまま3-2で終了。町野の土壇場ゴールで勝ち越しに成功した北九州が暫定首位浮上を決めている。一方の岩手は連敗を喫している。

◆明治安田生命J3リーグ第14節
▽6/29
いわてグルージャ盛岡 2- 3 ギラヴァンツ北九州
藤枝MYFC 3-1 Y.S.C.C.横浜
カターレ富山 1- 2 カマタマーレ讃岐
ガイナーレ鳥取 3-2 FC東京U-23

▽6/30
ヴァンラーレ八戸 vs ブラウブリッツ秋田
福島ユナイテッドFC vs セレッソ大阪U-23
アスルクラロ沼津 vs SC相模原
AC長野パルセイロ vs ガンバ大阪U-23
ロアッソ熊本 vs ザスパクサツ群馬

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング