ダニエウ・アウベス、欧州初挑戦の地セビージャ復帰の可能性は? モンチSDが言及

超ワールドサッカー / 2019年7月5日 18時0分

写真:Getty Images

セビージャでスポーツディレクターを務めるモンチ氏が、昨シーズン限りでパリ・サンジェルマン(PSG)を退団したブラジル代表DFダニエウ・アウベス(36)の復帰の可能性について明かした。スペイン『マルカ』が伝えている。

ダニエウ・アウベスは、バイーアでプロキャリアをスタート後、セビージャで台頭。その後、バルセロナ、ユベントスを渡り歩き、2017年夏にPSGと2年契約。在籍2年間で公式戦73試合8得点18アシストを誇り、昨シーズンも公式戦32試合3得点8アシストをマークした。PSGでの獲得タイトル数は6個。自身が持つ世界歴代最多のキャリア通算獲得タイトル数を40個に伸ばしている。

そのダニエウ・アウベスだが、PSGとは契約を延長せず、昨シーズン限りで退団。同選手はかねてより、一度もプレーしたことがないプレミアリーグへの移籍希望を公言しているが、先日には古巣バルセロナ復帰の噂が報じられるなど、去就が不透明となっている。

この状況もあり、ダニエウ・アウベスの欧州初挑戦の地となったセビージャへの帰還を期待している同クラブのファン・サポーターも多くいるのだという。しかし、セビージャのモンチSDは、その可能性について以下のようにコメントしている。

「望みがあると言いたいが、今、ダニエルのプランにセビージャは入っていないだろう」

「彼はこれまでと違うリーグ、もしくはこれまでと異なる目標を達成するために競争し続けたいと思っている」

「ただ、それは将来的にもセビージャ復帰が不可能だということを意味している訳ではない」

『マルカ』によれば、モンチSDは現在コパ・アメリカを戦っているダニエウ・アウベスに対して、セビージャ復帰の可能性について問い合わせた模様。その際、ダニエウ・アウベスは自身が希望している給与について答えたものの、その額は近年、同選手に支払われているものとほぼ同額。セビージャが支払うには困難なものだったようだ。

ただ、本人はセビージャ復帰の可能性を除外している訳ではなさそうだと同メディアは併せて伝えているが、コパ・アメリカでも健在ぶりを発揮しているダニエウ・アウベスが次の新天地に選ぶクラブはどこになるのだろうか…。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング