ジダン監督、17日からマドリー再合流へ

超ワールドサッカー / 2019年7月16日 21時20分

写真:Getty Images

レアル・マドリーを率いるジネディーヌ・ジダン監督が、カナダへ再び出発したようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。

新シーズンに向けたプレシーズンツアーのため、カナダのモントリオールでトレーニングキャンプを行っているマドリー。新加入のベルギー代表MFエデン・アザールのほか、日本代表FW久保建英も参加しているため、日本ではいつも以上に注目度の高いツアーとなっている。

ところが12日、ジダン監督がチームを急きょ離脱し帰国したことが伝えられた。その後の情報によると、理由は兄ファリド氏の死。享年54歳。クラブは練習前に黙とうを捧げたことを発表した。

突然の凶報に揺れたマドリーだったが、ジダン監督は17日からチーム再合流するようだ。

なお、マドリーはこれから開催されるインターナショナル・チャンピオンズカップにて、21日にバイエルン、24日にアーセナル、27日にアトレティコ・マドリーとの試合が控えている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング