武藤先発のニューカッスル、ウルブズに完敗…《プレミアリーグ・アジアトロフィー》

超ワールドサッカー / 2019年7月17日 22時37分

写真:Getty Images

プレミアリーグ・アジアトロフィー2019準決勝、ニューカッスルvsウォルバーハンプトンが17日に中国で行われ、0-4でウルブズが快勝した。ニューカッスルのFW武藤嘉紀は63分までプレーしている。

武藤が1トップで先発したニューカッスルだったが、徐々に押し込まれる展開を強いられると、15分に先制を許す。ジョニーのパスを受けたジョッタがボックス手前左で仕掛けてゴール左隅に蹴り込んだ。

その後も攻勢に出るウルブズは33分に突き放した。ジョニーのパスを受けたギブス=ホワイトがペナルティアーク左からゴール右にシュートを突き刺した。

さらに40分、ジョッタがボックス内で相手DFのボールを奪ってこの試合2点目を叩き込み、ウルブズが3-0として前半を終えた。

後半も攻め手のないニューカッスルは63分に見せ場を作れなかった武藤が交代となってしまう。そして85分、CKの流れからオウンゴールを献上し、0-4で惨敗。

勝利したウルブズはマンチェスター・シティvsウェストハムの勝者と20日に決勝を戦う。

ニューカッスル 0-4 ウォルバーハンプトン
【ウォルバーハンプトン】
ジョッタ(前15、前40)
ギブス=ホワイト(前32)
OG(後40)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング