ラツィオ、降格キエーボから若手2選手を完全移籍で獲得

超ワールドサッカー / 2019年7月18日 0時6分

写真:Getty Images

ラツィオは17日、セリエBに降格したキエーボからU-23モロッコ代表MFソフィアン・キジーヌ(21)と、U-21アルバニア代表DFアンゲロ・エンドレッカ(17)の両選手を完全移籍で獲得したことを発表した。

ベルギー出身のセントラルMFであるキジーヌ[写真]は、2015年にスタンダール・リエージュからキエーボに移籍。2017年1月にキエーボでプロデビューを飾り、2018-19シーズンはセリエAで23試合に出場していた。世代別代表ではU-20からモロッコ代表を選択し、現在はU-23に選出されている。

一方、左サイドバックを本職にセンターバックでもプレー可能なエンドレッカは、2019年5月にプロデビューを飾っていた。現在、17歳のエンドレッカだが、既にU-21アルバニア代表に選出されている。

なお、キジーヌは新シーズン、セリエBのサレルニターナへのレンタル移籍が発表されている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング