英2部のダービーがルーニーの獲得を発表! 2020年1月から選手兼任コーチとしてプレー

超ワールドサッカー / 2019年8月6日 23時0分

写真:Getty Images

チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のダービー・カウンティは6日、DCユナイテッドに所属する元イングランド代表FWウェイン・ルーニー(33)を完全移籍で獲得した。

契約期間は2020年1月から2021年6月30日までとなり、1年間の延長オプションが付随している。また、背番号は「32」を着用するという。

イングランド代表歴代最多得点(53得点)を誇るルーニーは、エバートンとマンチェスター・ユナイテッドで活躍後、2018年夏からDCユナイテッドでプレー。シーズン途中加入となった昨季は20試合で12ゴール1アシストをマークし、MLS年間ベストイレブンに選出。今季もここまで公式戦25試合で13ゴール7アシストを記録している。

なお、クラブによればルーニーは、2019シーズンの終了までDCユナイテッドでプレーを続けるとのこと。また、ダービーでは選手兼コーチとしてチームを支えるようだ。

来冬にダービーへの加入が決まったルーニーは、公式サイトで以下のように喜びを語った。

「ダービーが僕に与えてくれたチャンスにとても興奮している」

「僕は1月にフィリップ・コクーや彼のコーチングスタッフ、トップチームの選手と共に仕事することを楽しみにしている。特にサポーターをはじめとするチームを支えてくれている全ての人に会えるのが待ちきれないね。ここで僕は大きく貢献できると確信しているんだ」

「トップチームとアカデミーの両方で僕のコーチとしてのキャリアをスタートできることに興奮している」

「この機会を与えてくれたDCユナイテッドのオーナーやエクゼクティブ、そしてサポーターに感謝したい。僕はチームがプレーオフへ進出するために全力を尽くすことを誓うよ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング