ウルグアイの英雄・フォルランが現役引退を発表

超ワールドサッカー / 2019年8月7日 9時35分

写真:Getty Images

かつてはセレッソ大阪でもプレーしたことのある元ウルグアイ代表FWディエゴ・フォルラン(40)がウルグアイのテレビ局『テレムンド』で現役引退を発表した。

2018年6月に香港の傑志(キッチー)を退団し、フリーの状態が続いていたフォルランは、『テレムンド』の番組に出演。「簡単なことではなかったし、この時間が来て欲しくなかったけど、来ることも分かっていた。僕はプロとしてサッカーを辞める事にした」と、プロ生活からの引退を自らの口で発表した。

フォルランは、アルゼンチンのインデペンディエンテでプロキャリアをスタート。2002年1月にマンチェスター・ユナイテッドへと完全移籍。2002-03シーズンにはプレミアリーグ優勝、2003-04シーズンにはFAカップ優勝と、1シーズン半の在籍でもタイトルを獲得。2004年8月にビジャレアルへと完全移籍した。

ビジャレアルではゴールを量産し、エースとして活躍すると、2007年7月にはアトレティコ・マドリーへと完全移籍。ここでは元スペイン代表FWフェルナンド・トーレス(現サガン鳥栖)の代役として加入したが、アルゼンチン代表FWセルヒロ・アグエロ (現マンチェスター・シティ)と2トップを組むなど活躍。2009-10シーズンにはヨーロッパリーグ制覇にも貢献していた。

その後はインテルやインテルナシオナルとチームを転々とすると、2014年1月にC大阪へ加入。入団会見では流暢な日本語を披露するなど、ファンの心を鷲掴みにすると26試合で7ゴールを記録。しかし、チームはJ2に降格すると、2015年7月に退団し、母国のペニャロールへと移籍する。

初の母国でのプロ生活となったフォルランは、インドのムンバイ・シティへと移籍。2018年1月に傑志へ入団するも、半年で退団していた。

またウルグアイ代表としては公式戦112試合に出場し36ゴールを記録。2002年、2010年、2014年と3度のワールドカップに出場すると、2010年の南アフリカ大会では7試合で5ゴールを記録し、大会得点王タイに。また、大会MVPにあたるFIFAゴールデンボール賞を受賞していた。

フォルランは「最近プレーするオファーをもらっていた。でも、僕は言い訳を探していた」と、現役続行の可能性があったともコメント。しかし、「より選択するようになり、困難になった」と語り、子供が生まれた影響もあり、踏み切ることができなかったと明かした。

また「選手になることを夢見ていた。この21年間プレーできたこと…それには言葉がないし、想像もしなかった。僕が子供の頃に夢見たものよりも、はるかに大きいものだったよ」とプロ生活を振り返り、大きな功績を残して第一線から退いた。

なお、フォルランは指導者ライセンスの取得に動いており、今後は指導者としての活躍が期待される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング