マクスウェルがPSG幹部職を退任…今後は母国ブラジルで大使&南米の補強責任者に

超ワールドサッカー / 2019年8月15日 13時50分

写真:Getty Images

12日にパリ・サンジェルマン(PSG)のスポーツ・コーディネーターを職を退任した元ブラジル代表DFのマクスウェル氏が、母国ブラジルに戻りクラブアンバサダーと南米のリクルート部門の統括責任者になることがわかった。フランス『レキップ』が伝えている。

これまでアヤックスやインテル、バルセロナで活躍したマクスウェル氏は、2012年から2017年まで在籍し現役最後のクラブとなったPSGでスポーツ・コーディネーターの職務を担ってきた。

しかし、先日に元妻からDVや脅迫を受けていたとの告発が公にされ、同氏は自身のプライベートの問題を解決するため、母国ブラジルに戻りたいとの意向をクラブに伝え、この申し出が12日に承認されていた。

その後、PSGとマクスウェル氏は今後に向けた話し合いの中で母国ブラジルでクラブアンバサダーを務めること。また、南米の地域のリクルート部門の統括者の役割を担うことで合意に達した模様。近日中に正式な契約が交わされる予定だという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング