渡り鳥・元セルビア代表FWマルコビッチが原点であるパルチザンに復帰

超ワールドサッカー / 2019年9月4日 15時5分

写真:Getty Images

パルチザン・ベオグラードは3日、元セルビア代表FWラザール・マルコビッチ(25)の獲得を発表した。契約期間は3年間となる。

マルコビッチはパルチザンでプロデビュー後、ベンフィカを経て、2014年夏にリバプール入り。だが、リバプールで定位置を掴み取れず、近年はレンタル生活が続き、フェネルバフチェやスポルティング・リスボン、ハル・シティ、アンデルレヒトを転々していた。

2018-19シーズンはのフルアムへと完全移籍。プレミアリーグ復帰元年となったチームでの復活が期待されたが、プレミアリーグでの出場はわずかに1試合に終わっていた。

パルチザンは自身が下部組織時代を過ごし、プロキャリアをスタートさせたクラブ。公式戦で65試合に出場し14ゴール16アシストと、キャリアで最も結果を残したクラブへの復帰で、輝きを取り戻すことはできるだろうか。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング