コンパニ、ハムストリングの負傷で自身の記念試合を欠場

超ワールドサッカー / 2019年9月12日 1時0分

写真:Getty Images

アンデルレヒトに所属するベルギー代表DFヴァンサン・コンパニが、ハムストリングのケガで自身のマンチェスター・シティ在籍10年を表彰した記念試合でプレーしないことを明かした。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。

コンパニのシティ在籍10年を表彰した記念試合は、11日にエティハド・スタジアムで開催を予定していたが、8月23日に行われたジュピラー・プロ・リーグ第5節でヘンク戦に先発出場したがハムストリングを負傷し75分に途中交代していた。

今夜の開催を前に『スカイ・スポーツ』の独占インタビューに応じたコンパニは、ユーモアを交え自身がプレーできないことを語った。

「残念ながら、今夜は先発出場も途中出場もすることはないだろう。それは僕らしいね(笑)。シーズンの最後にはいつもそこに居ました」

「少しだけどハムストリングを痛めている。今夜の試合で無理はできないと判断したんだ」

「今夜の試合には素晴らしい選手がたくさん来てくれているし、多くのサポーターの前でさよならを言えることが僕にとってはお祝いなんだ。だから僕がピッチに居る必要はないんだよ」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング