【J1ピックアッププレビュー】大阪秋の陣、至宝対決にも注目《C大阪vsG大阪》

超ワールドサッカー / 2019年9月27日 20時0分

写真:©︎J.LEAGUE

6位のセレッソ大阪(6位/勝ち点43)と、12位のガンバ大阪(12位/同31)。かたや上位争い、かたや残留争いの対極な状況に身を置く大阪勢が28日にヤンマースタジアム長居で行われる明治安田生命J1リーグ第27節で激突する。

◆ACL出場権獲得を目指して〜セレッソ大阪〜
今シーズン最長の4連勝。その4試合のうち3試合で1点差の接戦をモノにする勝負強さも光るロティーナ・セレッソは今、最高の状態といっても過言ではない。攻守の内容も良く、総得点数こそG大阪の「33」を下回る「29」だが、清武弘嗣の負傷離脱によるダメージもほとんど感じさせず、ここ4試合ですべて複数得点。最小の20失点を誇る守備面も、ここ4試合3失点と乱れがない。そうした実りの秋を迎えるなかで、今節は宿敵G大阪が相手。負けるようだと、手が届きそうな位置にあるACL出場権が遠ざかってしまうだけに、どんな形でも勝利が欲しいゲームとなる。

◆残留争いからの脱却を目指して〜ガンバ大阪〜
対するG大阪は、夏の大幅な戦力の入れ替わりも影響して、構築段階が続いている。ただ、先のルヴァンカップ準々決勝で回帰した4バックや、藤春廣輝の戦列復帰で一定の手応えを掴み、残留争いのライバルである鳥栖との前節を制して7試合ぶりの白星。辛うじての内容面に依然として課題を残しているが、守備面も7試合ぶりの無失点を記録するなど、最悪な状況から脱した感がある。とはいえ、プレーオフ圏16位の鳥栖とはわずか4ポイント差。危険水域から抜け出す状況を作りかけているだけに、大阪の誇りがかかる宿敵との今節も勝利だけが求められる。

【予想&フォーメーション】
◆セレッソ大阪[4-4-2]

©︎CWS Brains, LTD.
GK:キム・ジンヒョン
DF:松田陸、マテイ・ヨニッチ、瀬古歩夢、丸橋祐介
MF:水沼宏太、レアンドロ・デサバト、藤田直之、柿谷曜一朗
FW:ブルーノ・メンデス、奥埜博亮
監督:ロティーナ
負傷離脱が続いた高木俊幸が先の天皇杯で実戦復帰。チームの状況からして、スタメンの大幅な入れ替えは想像しがたく、現状のベストともいえる顔ぶれが並びそうだ。

◆ガンバ大阪[4-4-2]
©︎CWS Brains, LTD.
GK:東口順昭
DF:高尾瑠、三浦弦太、キム・ヨングォン、藤春廣輝
MF:マルケル・スサエタ、井手口陽介、遠藤保仁、倉田秋
FW:パトリック、宇佐美貴史
監督:宮本恒靖
出場停止で欠場の小野瀬康介に代わる右サイドハーフとして、マルケル・スサエタを予想。切り札にもなれるアデミウソンが抜擢される可能性も考えられる。

【注目選手】
柿谷曜一朗(セレッソ大阪)
(c)J.LEAGUE PHOTOS
C大阪の注目選手は、桜が誇る至宝の柿谷曜一朗だ。ロティーナ新体制の今シーズンもなかなか定位置を確保できていない状況が続いたが、清武の負傷により、チャンスが到来。先の天皇杯4回戦で約5カ月ぶりに公式戦でゴールをマークするなど、鋭さを取り戻しつつある。サポーターはダービーで輝きを放つ背番号「8」の姿を待っている。

宇佐美貴史(ガンバ大阪)
(c)J.LEAGUE PHOTOS
G大阪の注目選手は、青黒が誇る至宝の宇佐美貴史だ。今夏に3年ぶりのG大阪復帰を果たして以降、状態が上がってこなかった宇佐美だが、前節の鳥栖戦で両チーム最多のシュート6本を記録。第20節の名古屋戦以来となる得点とはならなかったが、調子のバロメーターである果敢な攻めを随所で披露した。敵地初見参のダービー、燃えないわけがない。

◆38度目の大阪ダービー
4連勝で臨むC大阪だが、ダービーでの勝利は2012年3月が最後で、通算の対戦成績も9勝5分け23敗と大きく負け越し。G大阪が4連勝中で、目下8試合で負け知らずのカードとなる。そのなかで、最も特筆すべきは、リーグ戦通算38度の対戦歴を誇る同カードでいまだゴールレスドローがないということ。引き分けも5度しかないだけに、今回も熱戦必至だ。

新元号一発目の大阪ダービーとなった今シーズンの1stマッチは、1-0でG大阪に軍配。当時も低調な状況のなか、上向き調子のC大阪と対戦したG大阪が若手起用と3バック変更の大胆采配も功を奏して勝利した一戦だった。調子や順位が大きなアドバンテージになるとは限らない大阪ダービー――そのなかで、ヒーローに名乗りを上げる至宝は果たして。

それぞれの目標もかかった、大阪の街を熱くする今シーズン2度目の大阪ダービーは14時に開演する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング