磐田がラストプレーで大分に劇的勝利! フベロ体制初勝利で連敗ストップ《J1》

超ワールドサッカー / 2019年9月28日 20時40分

写真:©︎CWS Brains, LTD.

明治安田生命J1リーグ第27節の大分トリニータvsジュビロ磐田が28日に大分市営陸上競技場で行われ、2-1で磐田が勝利をした。

前節の湘南ベルマーレ戦で7戦ぶりの勝利を手にした8位・大分(勝ち点39)。その一戦からスタメンを2名を入れ替え、小林が今シーズン初先発に抜擢されたほか、星が7試合ぶりに名を連ねた。

一方、フェルナンド・フベロ体制で無得点の3連敗と未勝利が続く最下位・磐田(勝ち点18)。0-2で敗れた前節の川崎フロンターレ戦からスタメンを5名を変更し、GKに八田を抜擢したほか、川又が約半年ぶりにスタメンに復帰した。

試合開始から磐田がボールを回すのに対して、引き気味な入りをみせた大分だったが、10分に星からのパスを敵陣左サイドの深い位置でボールを受けた小林がボックス左へパス。リターンを受けた星がクロスを送り、ニアサイドのオナイウが合わせたが、ゴールライン上で藤田にクリアされた。

大分は続く14分にも決定機。後方からの縦パスをハーフウェイライン付近のオナイウがフリック。これを受けた田中が高速ドリブルで持ち運び、シザースで相手をかわしてからシュートを放ったが、枠に飛ばすことはできない。

残留に向けて勝利が必要な磐田は27分、大南の縦パスを敵陣中央右サイドで受けた松本昌也が巧みに反転すると、同時に相手を置き去りにしてアーリークロス。ニアサイドに走り込んだ川又がバックヘッドでゴールを狙うも、わずかにゴール左に外れた。

攻勢ながらもゴールレスで試合を折り返した大分は51分、GK高木のロングパスを収めたオナイウがハーフウェイライン付近から持ち運び、ボックス手前中央からシュート。だが、GK八田の好セーブに遭い、試合を優位に進めることはできない。

劣勢な展開を強いられた磐田は66分に先制に成功する。藤田からのロングパスをバイタルエリア左で収めたルキアンがカットインからヒールパス。ボックス左に抜け出した山本が右足でゴール右に流し込み、フベロ体制初ゴールを記録する。

守備固めに入る磐田に対して、スペースを利用する大分は77分に決定機が訪れる。敵陣中央左サイドから三平がクロス。このこぼれ球に反応した小林がボレーシュートを放つも、GK八田のファインセーブに遭ってしまう。

それでも、大分は80分、敵陣中央右サイドから岡野がクロスを供給すると、ボックス中央で三平が大南に倒されてPKのチャンスを獲得。自らキッカーを務めた三平がゴール右に流し込み、同点に追いつく。

このまま引き分けたと思われた後半アディショナルタイム、ドラマが待っていた。ラストプレーでボックス右手前から松本昌也が右足インスイングのクロスを供給。ファーサイドにいた山本がフリーでヘディングシュートを叩き込み、土壇場で勝ち越しに成功する。

直後に試合は終了。山本の劇的弾で勝利を飾った磐田は第19節以来となる7試合ぶり白星を手にした。一方、決め手を欠き、敗れた大分は4試合ぶりの黒星となっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング