マレガ弾で逃げ切ったポルトがリーグ6連勝! リーグ初先発の中島は見せ場を作れず…《プリメイラ・リーガ》

超ワールドサッカー / 2019年9月30日 6時1分

写真:Getty Images

中島翔哉の所属するポルトは29日、プリメイラ・リーガ第7節でリオ・アヴェと対戦し0-1でポルトが勝利した。中島は76分までプレーした。

5連勝中の3位ポルトが、5位リオ・アヴェのホームに乗り込んだ一戦。ミッドウィークにヨーロッパリーグのフェイエノールト戦を控えるポルトは、直近に行われたタッサ・ダ・リーガ第1節のサンタ・クララ戦からスタメンを8人変更。その試合で決勝点をアシストした中島は、この試合もスタメンに名を連ねている。

試合はポルトが立ち上がりから攻勢に出ると12分、アレックス・テレスの左CKからマレガがヘディングシュートを突き刺し、先制に成功した。

その後、やや落ち着いた試合展開となる中、ポルトは35分にピンチを迎える。マテウス・レイスの左クロスをファーサイドから走り込んだブルーノがジャンピングボレーで合わせたが、これはゴール右に外れて難を逃れた。

リードして後半を迎えたポルトは54分、右サイドから仕掛けたオタビオがボックス右角手前で倒されFKを獲得。これをA・テレスが直接狙ったが、シュートは相手GKのセーブに防がれた。

チャンスを逃したポルトは、63分にピンチ。ブルーノのスルーパスからDFラインの裏に抜け出したタレミにゴールネットを揺らされたが、これはVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)でオフサイドと判定され、ノーゴールとなった。

膠着状態が続く中、ポルトは75分に右クロスをボックス手前で受けた中島がアデルランに倒されFKを獲得。しかし、中島は直後にムベンバと交代。A・テレスの直接FKもクロスバーを叩いた。

結局、試合はそのまま0-1で終了。立ち上がりのマレガ弾で逃げ切ったポルトが、リーグ6連勝を飾り、フェイエノールト戦へ好調を維持している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング