名古屋FW金崎夢生が新型コロナウイルス感染…チームはトレーニング中止に

超ワールドサッカー / 2020年6月2日 23時25分

写真:Getty Images

名古屋グランパスは2日、元日本代表FW金崎夢生が新型コロナウイルス(COVID-19)に感染したことを発表した。

名古屋は2日の夜に緊急のウェブ会見を行い、小西工己代表取締役社長が出席。金崎は、1日に愛知県内の病院にてPCR検査を実施し、陽性判定が出たと発表した。

名古屋は5月20日からグループトレーニングを行なっており、29日の練習後に金崎は倦怠感や頭痛などがあったという。

30日、31日はオフとなっており、1日より全体トレーニングを再開。しかし、金崎は発熱があり欠席。同日にPCR検査を受け、陽性反応となった。

Jリーグの再開日程が発表されたばかりの状態で、新たな感染者が出てしまった名古屋。2日からトレーニングを中止し、選手たちは自宅待機に。クラブは、保健所と連携しながら、濃厚接触者の判別などを行うとのことだ。

なお、金崎は5月14日から15日にかけて自家用車で神奈川県の親類宅を訪問していたとのこと。緊急事態宣言下での県外への移動となったことについて、クラブは「移動する場合は車などを使用し、細心の注意を払って行動するよう話していた」と説明した。

Jリーグからのプロトコルに則り、名古屋も選手の検温を実施。金崎は27日から29日までは熱がなかったものの、29日の練習後に38.5度を記録。30日は37.2度、31日は36.2度と一度下がるも、1日の朝に38.0度を記録していた。金崎は平熱(36.3度)に戻っているものの、愛知県内の病院に入院するとのことだ。

金崎は中断期間中の3月25日にサガン鳥栖から期限付き移籍加入。8年ぶりに古巣の名古屋へと復帰していた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング