テア・シュテーゲンのお墨付き! 「ゲッツェなら間違いなくリーガでも通用する」

超ワールドサッカー / 2020年6月3日 11時35分

写真:Getty Images

ドルトムントから退団するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェ(28)に対して、「スペインでもやれる」との声が挙がっている。スペイン『アス』が報じた。

今季限りでドルトムントとの契約失効となり、今夏の退団報道が加熱したゲッツェ。ドルトムントのスポーツディレクター(SD)を務めるミヒャエル・ツォルク氏が先月23日にドイツ『スカイ』で、今夏の退団を正式に認めた。



2016年にドルトムント復帰して以降、ケガだけでなく、代謝異常のトラブルもあり、コンディション面に泣かされたゲッツェは国外挑戦が希望しているとされ、行き先としてイングランドやイタリアのクラブが挙がっている。

しかし、バルセロナに所属するドイツ代表GKマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンの目からすると、ゲッツェはスペインでも通用するスキルの持ち主だという。『DAZN』のポッドキャストでこう述べている。

「マリオはボールの扱いに長け、1つのプレーでブーストさせられる選手だ。間違いなくスペインリーグでも通用するだろう」

「でも、彼が正しい決断をして、幸せになってくれたらそれで良い。多くのチームで活躍できるだろうし、違いになれると思う」

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング