C・ロナウド、フットボーラー界最高のリッチな男に! 生涯収入10億ドルを突破

超ワールドサッカー / 2020年6月6日 11時45分

写真:Getty Images

ユベントスに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(35)の生涯収入がフットボーラー史上初のビリオネアに到達した。

アメリカのビジネス誌『フォーブス』は先日、セレブの2020年長者番付を公表。昨年の収入として1億500万ドル(約115億1000万円)を稼ぎ、フットボール界トップに立ったC・ロナウドは全体のランキングでもファッションモデルのカイリー・ジェンナー、ミュージシャンのカニエ・ウェスト、テニスプレーヤーのロジャー・フェデラーに次ぐ4位に入った。

そんなポルトガル人スターはキャリアを通じた総収入額で10億ドル(約1100億円)を突破。スポーツ界でみると、ゴルフプレーヤーのタイガー・ウッズや元プロボクサーのフロイド・メイウェザーに次ぐ3人目の10億ドル達成者で、フットボール界だけでいくと、史上初となる。

C・ロナウドは世界的なフットボーラーとしてだけでなく、様々なSNSを通じたインフルエンサーとしても有名。さらに、自身のブランド『CR7』を立ち上げているだけでなく、大手スポーツブランド『ナイキ』などの複数スポンサーもフォローしている。

なお、C・ロナウドがフットボーラーとしてのサラリーで稼いだ総額は推定6億5000万ドル(約712億円)だという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング