バイエルン指揮官、ヴェルナー獲得報道のチェルシーを祝福

超ワールドサッカー / 2020年6月6日 15時27分

写真:Getty Images

バイエルンを率いるハンジ・フリック監督が、RBライプツィヒのドイツ代表FWティモ・ヴェルナー(24)のチェルシー移籍の話題について言及した。イギリス『フットボール・ロンドン』が伝えている。

今夏の移籍市場でリバプールやマンチェスター・ユナイテッド、レアル・マドリーなど錚々たるビッグクラブ移籍の可能性が取り沙汰されていたヴェルナー。

しかし、イギリス『スカイ・スポーツ』やドイツ『ビルト』など複数メディアは、週明けにもチェルシー移籍が決定すると報じた。

ライプツィヒとの現行契約が2023年までとなっているヴェルナーだが、6月15日まで有効な5500万ユーロ(約68億円)の契約解除条項が設けられている。

チェルシーはその契約解除金に加え、ヴェルナーに対して年俸1000万ユーロ(約12億円)の5年契約を掲示し、今夏の注目株の獲得に漕ぎ着けた模様だ。

そのヴェルナーに関しては昨年からバイエルンが最有力候補に挙げられていたこともあり、フリック監督は6日に行われるブンデスリーガ第30節、レバークーゼン戦の前日会見の場で同選手の去就報道に対するコメントを求められることになった。

その際、ドイツ人指揮官は、「それが事実であれば」と前置きしながらも、チャンピオンズリーグ(CL)のラウンド16の2ndレグを残す対戦相手を祝福している。

「ティモは非常に優れたプレーヤーだ。ゴールスコアラーとしてもね」

「仮に一連の報道が事実であれば、チェルシーは非常に良い取引をしたと思うよ」

なお、ヴェルナーの獲得レースから早々に撤退していたバイエルンは、マンチェスター・シティに所属するドイツ代表MFレロイ・ザネ(24)を今夏のトップターゲットとしている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング