下位相手に痛恨ドローのリバプール、プレミア歴代最多勝ち点記録更新に黄色信号が灯る《プレミアリーグ》

超ワールドサッカー / 2020年7月12日 1時10分

写真:Getty Images

南野拓実の所属するリバプールは11日、プレミアリーグ第35節でバーンリーと対戦し、1-1の引き分けに終わった。南野はベンチ入りも出場機会はなかった。

2017-18シーズンのマンチェスター・シティが記録したプレミアリーグ歴代最多勝ち点(100)の更新を狙うリバプール(勝ち点92)は、ミッドウィークに行われた第34節のブライトン&ホーヴ・アルビオン戦からスタメンを4人変更。負傷が発表されたヘンダーソンやチェンバレン、アーノルドらに代えてマネ、ファビーニョ、ロバートソンらがスタメンに名を連ねた。

立ち上がりから攻勢に出るリバプールは16分、マネのパスで左サイド深くまで侵入したロバートソンがマイナスの折り返しを供給。ニアのフィルミノがスルーしたボールをボックス中央のサラーが左足で狙ったが、シュートは相手GKのセーブに阻まれた。

さらに18分にもリバプールに決定機。最終ラインから供給されたロングフィードのクリアボールをボックス内で回収したサラーがフィルミノとのパス交換からシュートを放ったが、これもGKポープの好セーブに防がれた。

膠着状態が続く中、リバプールは34分に右CKのセカンドボールからチャンス。C・ジョーンズのパスをバイタルエリア中央で受けたファビーニョがボックス右へ浮き球のパスを入れると、ファーサイドから走り込んだロバートソンがヘディングシュ-ト。これがゴール左に突き刺さった。

迎えた後半も主導権を握るリバプールは49分、サラーのスルーパスに抜け出したフィルミノがボックス左からシュートを放ったが、これは右ポストに弾かれた。

追加点が遠いリバプールは、クーリングブレーク直後にピンチを迎える。69分、自陣で獲得したFKからバーズリーがロングフィードを供給。これをボックス内のタルコウスキが折り返すと最後はジェイ・ロドリゲスがワンバウンドしたボールをハーフボレーでゴール左隅に突き刺した。

同点とされたリバプールは、81分にワイナルドゥムを下げてチェンバレンを投入。すると後半アディショナルタイム3分、ファン・ダイクのロングパスで右サイドを抜け出したアーノルドの折り返しをゴール前のサラーが右足で合わせたが、これが相手GKにキャッチ去れ万事休す。

結局、試合はそのまま1-1で終了。下位相手に勝ち点3を取りこぼしたリバプールがプレミアリーグ歴代最多勝ち点を更新するには、残りの3試合を全勝することが絶対条件となった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング