ビッグロンドン・ダービーでアレックスの弾丸FKがアーセナルゴールに襲い掛かる【ビューティフル・フリーキック】

超ワールドサッカー / 2020年7月15日 22時0分

写真:Getty Images

サッカーにおいて、試合を決める大きな要素の一つであるフリーキック(FK)。流れの中ではなく、止まった状態から繰り出されるキックがそのままゴールネットを揺らせば、盛り上がりは一気に最高潮へと達する。

この企画『Beautiful Free Kicks』(美しいフリーキック)では、これまでに生まれたFKの数々を紹介していく。

今回は元ブラジル代表DFのアレックス氏がチェルシー時代に決めたフリーキックだ。


サントスでプロデビューを果たした屈強なフィジカルが武器のセンターバックであるアレックスは、2004年にチェルシーへ移籍。就労ビザの関係で即PSVへレンタル移籍し、エールディビジ3連覇に貢献した。

その後、2007年にチェルシーに復帰し、ジョン・テリー、リカルド・カルバーリョに次ぐ3番手のセンターバックとしてリーグ戦86試合に出場。2009-10シーズンにはプレミアリーグ優勝を経験した。

そして、2010年10月3日に行われたプレミアリーグ第7節のアーセナル戦では見事なフリーキックを決めている。

チェルシー1点リードで迎えた85分、チェルシーは敵陣中央、ゴールまで30ヤード(約27m)位置でFKのチャンスを獲得すると、ボールの周りにはFWディディエ・ドログバとアレックスが並ぶ。

そして、長めの助走を取ったアレックスが、全力疾走から右足を一閃。放たれた一撃はアウト回転がかかり、相手GKウカシュ・ファビアンスキから逃げるように、ゴール右上隅に突き刺さった。

DFながら弾丸のような強烈なシュートを放つアレックスのFKは、度々相手守備陣の脅威となっていた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング