FC東京が天敵浦和撃破で連勝! 橋本の旅立ちに華を添える《J1》

超ワールドサッカー / 2020年7月18日 21時10分

写真:©︎J.LEAGUE

明治安田生命J1リーグ第5節のFC東京vs浦和レッズが味の素スタジアムで行われ、2-0でFC東京が勝利した。

ここまで3勝1敗で4位と好調のFC東京は、3-1で逆転勝利を収めた横浜F・マリノス戦からスタメンを3選手入れ替え、その試合で途中出場ながら2ゴールを記録したレアンドロを左サイドに配置。この試合を最後にロストフへ旅立つ橋本はアンカーで出場した。

一方、開幕から3勝1分けで無敗の浦和レッズ。1-0で勝利した前節の鹿島アントラーズ戦から3名入れ替え、マウリシオが今季初先発となり、興梠の相棒に杉本をチョイスした。


ピッチコンディションの悪さからお互いに様子を見合う展開となるなか、浦和は12分に岩波のパスを受けた橋岡がボックス右に侵攻してから右足シュートを放つも、ゴール右へわずかに外れる。対して、FC東京は18分に小川がボックス左からシュートを放ったが、こちらもわずかに外れた。

拮抗状態が続き、ゴールレスで前半終了かと思われた45分にFC東京がスコアを動かす。森重のフィードをボックス右手前で受けた室屋が対峙した山中を交わしてインスイングのクロス。GK西川が触ったボールがファーサイドに詰めていたディエゴ・オリヴェイラの胸に当たり、先制に成功した。

61分に永井に代えてアダイウトンを投入したFC東京。この投入が功を奏す。66分にアダイウトンがハーフライン付近でボールを奪うと、そのままドリブルで持ち運ぶ。DF3人を振り切ると、ボックス右からシュートを決めてみせ、リードを広げる。

FC東京はその後も浦和に隙を与えず、2-0の完封勝利。浦和に対して、ホームでは16年ぶりとなる白星でリーグ戦2連勝を飾り、フル出場を果たした橋本をロシアへ送り出した。一方、浦和は今シーズン初黒星となっている。

FC東京 2-0 浦和レッズ
【FC東京】
ディエゴ・オリヴェイラ(前45)
アダイウトン(後21)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング