冨安がミラン相手に左足ミドルのファインゴールでセリエA初弾! 試合はミランが完勝《セリエA》

超ワールドサッカー / 2020年7月19日 6時40分

写真:Getty Images

セリエA第34節、ミランvsボローニャが18日に行われ、5-1でミランが完勝した。ボローニャのDF冨安健洋は60分までプレーしている。

前節パルマ戦をケシエのスーパーゴールなどで逆転勝利し、再開後のリーグ戦5勝2分けと好調をキープする7位ミラン(勝ち点53)は、ヨーロッパリーグ(EL)出場圏外の8位サッスオーロとの勝ち点差を6に広げた中、現状のほぼベストメンバーで臨んだ。

一方、前節ナポリ戦を引き分けた10位ボローニャ(勝ち点43)は、12試合連続先発の冨安がセンターバックから右サイドバックに戻った。

徐々に圧力を強めていったミランは10分に先制する。テオ・エルナンデスの左クロスをニアのイブラヒモビッチがスルー。後方のサレマーカーズが左足ダイレクトでゴール右に蹴り込んだ。

サレマーカーズの移籍後初ゴールで先手を取ったミランは、14分にも決定機。レビッチの右クロスからチャルハノールがボレー。だが、GKスコルプスキの好守に阻まれた。

その後もミランが押し込むと24分に加点した。GKスコルプスキのキックミスをボックス中央でカットしたチャルハノールが確実にネットを揺らした。

ボローニャを圧倒するミランは36分にはケシエのコントロールシュートが右ポストに直撃。ハーフタイムにかけてもボローニャ陣内でプレーし続けていたミランだったが、44分に冨安が魅せる。

ボックス手前右でパスを受けた冨安がカットインし、左足で一閃。強烈なシュートがゴール左上に突き刺さり、嬉しいセリエA初ゴールとなった。

ミランの1点リードで迎えた後半、開始4分にリードを広げる。バイタルエリア中央で横パスを受けたベナセルがドリブルで前進し、ボックス内に侵入。確実に左足でシュートを決めきった。

ベナセルにもセリエA初ゴールが生まれたミランはさらに57分、ボックス左でパスを受けたレビッチが冨安の対応を鋭い反転で外し、左足で豪快に蹴り込んで勝負を決定付けた。

1-4とされたボローニャは冨安ら3選手を交代。次の試合に向けて温存策を図る。対するミランもイブラヒモビッチら3選手を代え、試合を流しに行く。

そして追加タイムにカラブリアにもゴールが生まれたミランが5-1で完勝。冨安に嬉しいセリエA初ゴールが生まれたが、好調ミランが完勝し、EL出場権獲得へ前進している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング