ムバッペ、大ケガは免れるも最低2週間の離脱へ…CLアタランタ戦の出場は微妙

超ワールドサッカー / 2020年7月25日 21時35分

写真:Getty Images

パリ・サンジェルマン(PSG)のフランス代表FWキリアン・ムバッペは、2週間の離脱となるようだ。フランス『RMC sport』が報じている。

PSGは24日、クープ・ドゥ・フランス決勝でサンテチェンヌと対戦。1−0で勝利し、2年ぶり13回目の優勝を収めた。

しかし前半半ば、決勝点にも絡んでいたムバッペが、サンテチェンヌDFロイク・ペランの悪質なタックルを後方から右足首に受けて負傷退場。優勝セレモニーでは松葉杖をついて参加したものの、その後病院に向かったようだ。

『RMC sport』によれば、じん帯断裂などの大ケガではなかったものの、捻挫を負っており少なくとも治療に2週間ほどを要するという。31日のクープ・ドゥ・ラ・リーグ決勝のリヨン戦は、すでに出場を見送ったようだ。

また、8月12日にリスボンで行われるチャンピオンズリーグ(CL)準々決勝のアタランタ戦の出場も不透明な状況となっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング